片割れ月おもちゃ箱

エッセイ風お笑いブログです~

ちい散歩

2017年08月20日 10時36分15秒 | 日記
   涼新た夫婦の距離の縮まりぬ …駄句である(_ _;)…パタリ



 県南の女房の実家に日帰りで行ってきた。
 連れだって歩いたのは何年振りであろうか。
 帰りは3時頃に先方を発ったが、当日は西馬音内の盆踊りの最終日。まだ一度も見たことが無いので話のタネにとも思ったが、女房が一緒では夜中に行われる踊りの時間までに窒息してしまう。早計に諦め、そのかわりと云ってはなんだが増田の内蔵をチラッと覗いてみることにした。

 今までは存在すら知らなかったので家の中に入るのは初めてである。最近になって公開されるようになり、人が集まれば人を見に来る人も集まる。今では首都圏からの観光客も訪れるようになり、すっかり観光化されている様子。

 蔵の家は何軒も並んでいるので何所に入ったらいいものやら分からず、とりあえず芸能人が訪れたときの写真を入り口にべたべた貼っている家に飛び込んだ。中には地井武男の写真もあり、盆ということで思わず拝んでしまったヾ( ̄o ̄;)オイオイ
 なんだか人の家に土足で入るのは気が引けたが、一人300円という法外な見学料を払わされると知っては遠慮会釈は無用。いかにも秋田県人顏の家主の目を盗み、漆喰にべたべた手をこすりながら縦横無尽に見学することにした。

 しかし、この家は予め情報を得ているイメージと造りが違うような気がする。そういえば吉永小百合がJRのキャンペーンで来た家の天井は高かったはずと思いながら二階に上がって通りのほうを見ると、向いの商店がなんだかそれらしい雰囲気がする。元来の浮気性に加え、家主の家系自慢が耳障りになって来ていたので、とっとと退散して向いの商店に入ることにした。



 おおっ、我が家と同じ家紋、小百合ちゃんが来たのはここかも!
 しかも拝観料は200円と安い。
 先ほどの家主と違い、商売っ気のない家主に案内されて例の場所に通される。
 間口5間(9m)、奥行55間(100m)の敷地に店舗、仏間、座敷、居間、台所、内蔵の順に間取りされており、その先を外に進めば外蔵、客屋があり裏口に出る。残念ながら内蔵の中は期間を決めて公開しているそうで、今回は見ることは叶わなかったが、聞いた話では豪華だそうだ。
























ジャンル:
ウェブログ
コメント (6)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 夏の果て | トップ | ぼけカボチャⅢ »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
あらあ~ (砂希)
2017-08-20 10:59:59
素敵じゃないですか!
かなり広いんですね。
内蔵が見られず残念でした。
拝観料? 入場料? はそれぞれの建物ごとに払うのなら、どこにするかをしっかり選んでおかないと、ハズレくじを引きそうです。
タイトルの「ちい」が「じい」だったら大変だと一人で笑っておりました。

じじばば散歩 (片割れ月)
2017-08-20 17:11:30
砂希さん
入場料は300円が一番高くて、ほとんどの家が200円らしいですが、酒屋とか食べ物屋を営んでいる商店は入場無料みたいです。
その代り行きはよいよい帰りが怖い的な法外な値段で商品を売りつけられるかも、ヾ( ̄o ̄;)オイオイ
内蔵は外からでも十分豪華さが伝わりました、中は座敷になっていて昔は冠婚葬祭に使われたようです。
Unknown (ナツ)
2017-08-21 10:49:35
御夫婦でのお出かけ楽しかったことでしょう。
これは素晴しい建物ですね。この蔵どこかで見たような気がすると思ったら以前nonちゃんがブログに載せていたような気がします。同じところかしら?
楽しい夏休みを過ごされましたね。
夫婦の (non)
2017-08-21 18:02:28
距離のちぢまりぬ・・・あらあ良かったじゃん!(^^)!
今はなかなか縮まらない夫婦が多いぉ年頃だしさ、
やはりいい建物でした、お宅様もあの家紋なの?
仮面夫婦 (片割れ月)
2017-08-21 18:57:24
ナツさん
nonちゃんが行った蔵と違うかもしれないですが、明治初期から昭和初期に建てられた蔵が公開しているだけで十数件あるみたいです。
たまには親戚に顔を出さないと仮面夫婦が露見してしまいます、私にとっては苦痛のお出掛けとなりましたo( _ _ )o~† パタッ
丸に三つ柏? (片割れ月)
2017-08-21 18:59:36
nonちゃん
夫婦仲は助動詞一字でどうにでもなります(笑)
家に帰ってからは元通りに「り」が「ら」に変わった状態、当分~
ところで、私が入ったのは山吉という肥料屋さんでした、御姉さまが行かれた蔵は?

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事