隣地の工事についてのトラブル

住宅メーカーエサキホームとのやり取りの記録

挨拶

2016年10月14日 | 日記

来週からクレーンをつかった作業をするということで、現場監督が挨拶に来た。

話をしたのだが、

「なぜ早朝から工事をするのか?あなたはしないと言っていましたよね?」

と聞いたら、

「下請けにうまく連絡が伝わっていなかった」

とのこと。。。

下請けが悪いと言わんばかりの態度。

そんなことあるか?

常識的に考えて、話が伝わる伝わらない以前に、早朝工事しないのは当たり前の話じゃないのだろうか?

 

 

 

そして、

「当初日曜日は工事をしないと言っていたが、既に二回しているが、それはどうなのか?」

と言ったところ、

「日曜に工事をしないとは言ってません」

と言い出した。

「こちらはメモも取っている。あなたは確かに日曜日は工事をしないと明言していた。」

と言うと、黙ってしまった。

そして、どうしても日曜に工事をすると言う。

この現場監督はこれまでも言うことをコロコロ変えるので、後で本社に電話してその上司に確認したところ、

「日曜はやります」

と断言された。

結局、エサキホームは土日祝日も工事。

そして早朝からも工事をした。


 

 

また、公道にトラックをはみ出して駐車したり、そのままアイドリングを1時間ほどしていたりして、渋滞を引き起こしていたこと、

特にミキサー車が来た時は酷かった。

そして細い道にトラックがスレスレで行き来して、以前はなかった塀の傷が増えていることを伝えた。

「子供やお年よりも通るし、とても危険だと感じているのだが、なぜ交通誘導員を置かないのか?」

と聞いたところ、現場監督は

「自分は危険と感じないので、エサキホームとしては交通誘導員は置きません」

とのこと。。

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 再び市役所 | トップ | 路上駐車・停車 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。