隣地の工事についてのトラブル

住宅メーカーエサキホームとのやり取りの記録

路上駐車・停車

2016年10月17日 | 日記

 

朝7時ぐらいからからこの状態で駐車。

車が通るのは本当にギリギリ。

かなり危ない。

現場監督は20~30分後に車で来た。

路上にはみ出して駐車しているトラックの前を通って来たので、当然注意して動かすだろうと思い、家に戻った。

しかし、一向にその気配がない。

再度見に行くと、現場監督はこの状態を黙認して作業をしていた。

そのため、自分が危ないから動かすように現場監督に要請。

現場監督は「わかりました」といいつつ、作業を続けようとする。

動こうとしない。

「警察呼びますよ」

と言っても動かない。

そのやりとりを見ていた運送会社の人が、

「ちょっと周囲を回らせてきます」

と言って該当トラックの運転手に指示を出しにいった。

ちょうどその時ワゴン車が来て、その道を通れずに立ち往生していた。

 

そしてゴミ出しのお年寄りや子供の集団登校や出勤の車で込んでいる住宅街の細い道をトラックがグルグル。

以前、地盤を工事していた時(フレコンバッグやミキサー)と同じことを繰り返す。

何度も「危ない」と伝えているが、無視。

 

一体、なぜエサキホームは交通誘導員を配置しないのだろうか?

そしてなぜ近隣に駐車場を借りないのだろうか? 

運送会社を悪いとは思わない。

駐車場を用意しないエサキに問題がある。

以前、ここら辺で他の住宅メーカーが建売を手がけたときは駐車場をしっかり借りていたし、交通誘導員も置いていた。

そのようなことにはコストをかけないで、1円でも安く建てるためだろうか?

ほんの二百m向こうには18号沿いのエサキの営業所と駐車場があるのに、なぜそこを使わないのだろうか?

エサキの社員には振動や騒音など迷惑を掛けたくないのだろうか?

 

 

 そしてセットバックした細い道をギリギリ交通誘導員なしで入っていくクレーン車。

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 挨拶 | トップ | 安全 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。