J OKAYAMA ~岡山サッカーの桃源郷へ

岡山サッカーファミリー(ファジアーノ岡山等)、スポーツ文化等「岡山からJリーグ百年構想を」・・・情報ライブラリ的ブログ。

カリスマの存在222

2017-07-16 00:06:19 | カリスマの存在

 観戦レポです。
 少し前になりますが、先日J1柏のアウェーC大阪戦に参加してきました。恩師からたこ焼きパーティーやるぞと連絡が来て、言われるまま新大阪駅から乗り換え、御堂筋線に乗り、降りた駅が長居駅(苦笑)。恩師から「予定が変わった、違うパーティーをしてくれ」と言われ、観戦パーティーに変貌(苦笑)。何かよくわからない流れですが、黄色い空間に足を運んだ次第。
 長居公園に入り、目の前に巨大な宇宙船のようなシルエットのヤンマースタジアムが見えてくる、が今日はこっちじゃなかった。実はキンスタデビューなのです。今まで何度も長居公園に来てますが、代表戦にしろJの試合にしろ、何故かすべてヤンマースタジアムでした。噂に聞く専スタだったので、ちょっとワクワクもの。スタジアム前広場のかなり前からサポーターの声援が聞こえてくる。
      
 入場前にスタジアム前広場をうろつく。何となくヤンマースタジアムの試合の時よりイベントやスタグルが充実というか、距離感が近い気がする。ヤンマーの時は何となく、ホームとアウェーをきっちり区切って微妙に閉ざされたイメージでしたが、この日はゆったり開放的な印象。「祭だワッショイ 狼祭「セレッソ大阪ゆかたDAYという、岡山で言う「夏夜祭」であり、さすがJ1というくらいにイベント満載でした。メガクラブという事もありますが、大きなイベント力を感じたので、詳しく紹介する事にしました。順番に抜粋して紹介。
     
・選手の浴衣姿が珍しい!「浴衣オリジナルステッカー」プレゼント
 浴衣姿の選手が入ったオリジナルステッカープレゼント
ダイヘンpresents 選手と浴衣で写真撮影会
 浴衣・甚平姿の上級会員限定での浴衣姿の選手と一緒の写真撮影会。
和爽美presents 浴衣コーディネート
 新柄の浴衣をプロの手による着付けで体験し、その場で購入できるブース。
KAINO presents浴衣ヘアアレンジ体験
 浴衣着用の女性来場者のみ対象の無料イベント。岡山にも支店がある美容サロンによる浴衣に似合うヘアアレンジ体験ブースでした。女性来場者の心をくすぐるお洒落なイベントですね。浴衣絡みで都会ならではイベント。田舎では無理がある企画なのかな。
ダイヘンサポーティングマッチ
 合計1万個でオリジナルタオルマフラーとPEショルダーバッグをホーム来場者に無料配布。前には鳥栖さんで見たような企画。特設ロボットブース(ダイヘン製ロボットを操作してPKシュート)や特設フォトセッションブースという事で、チーム応援ナビゲーターやマスコットとの撮影ブース。
想いを伝える花火大会
 応募があったメッセージを大型ビジョンで放映する。
長居de盆踊り
 設置した櫓を中心に盆踊りのエキスパートと踊る盆踊り大会
縁日ブース
 参加賞として選手浴衣カードをプレゼント
子どもデザイン教室「うちはにがおえやさん」
 縁日ブースで特定非営利活動法人「子どもデザイン教室」が実施する「うちはにがおえやさん」ブースに選手が参加協力しています。利益はすべて親と暮らせない子どもたちへの寄付になるとか。素晴らしいですね。まさにJクラブは地域の公共財を地で行く社会貢献活動。こういうコラボの有無が、付加価値の高さ低さだと思います。広島さんや甲府さんでも見かけており、J1はどこでもやってる印象。J1にふさわしい必須アイテム。やらないところはやはりJ1はしんどいか。

   
 どこでもこの時期やってるゆかたデーですが、セレッソさんはポスターに浴衣姿の人気選手を何人も登場させ、インパクトがある夏イベントに仕上げていました。選手の浴衣姿の等身大パネルもありました。この「浴衣姿の選手」という部分がキモでしょうね。そこまでできるかどうか。J2でも浴衣姿の選手が出ているポスターを見た事があります。同じ浴衣デーでも、やっているかどうか目立たず、浴衣姿の来場者に何か配って終わりとは随分違いました。
 他に「桜スタジアム建設募金ブース」がありました。「大阪市民・府民感謝デー」という事でこの日は「和泉市民観戦デー」でした。「市民・府民感謝」いいですね。セレッソさんのように大阪市民と大阪府民に感謝するとして、順番にホームタウンに心配りをするところもあれば、県民クラブなのに実際は市民のみ、しかもスタジアム及び練習場の周辺しか目を向けていないようなところもあるとかないとか。セレッソさんの価値観はまさにJ1にふさわしいクラブであり、地域に根差した公共財にふさわしい立ち回りだと思います。しかも、大阪府にはもう一つJ1クラブがあるのに、素晴らしいですね。
   
 スタグルですが、こんなにあるのかというくらいにどっちのサポも自由に変える空間でした。もちろん実名表示で、串カツやホルモンなどのご当地グルメが目立つようにあり、やはりスタグルは「ご当地グルメののれん街」であるべきという事を強く再認識させていただきました。探しましたが、相手チームにちなんだメニューは全く見当たらず。こういう価値観がJ1にふさわしいスタンダードと個人的に納得してみたり。キンスタに好印象です。
 入場してみると、すぐにゴル裏スタンド出現。場所が入れ替わる前の昔の日立台のようなイメージ。メイン、バックは日立台並みにピッチに近いが、ゴル裏は思ったほど近くない。キンスタの改修構想があるようですが、ぜひゴル裏をもっと近づけた方がいいと思います。席は端から端までびっしりでした。背後のオーロラビジョンは目の前で大きくていいですね。
   
 黄色いゴル裏席では、サポの方々が私服姿の来場者に黄色いビブスを配っていました。見ると、後援会の名前が入っている。やはり後援会、後援会あってのJクラブだなぁ、後援会があるクラブがJ1にふさわしいクラブだよなぁとブツブツ・・・ あと、セレサポさんの応援ですが、選手名のコールでMCが苗字を叫んで、サポが名前をコールするスタイルでしたが、どうも個人的には耳が慣れない(セレッソさんごめんなさい。個人の戯言ですので)。地元のJ2岡山も含めて、普段こういうスタイルに聞き慣れていないためですが、「一つの形だから」といつも自分に言い含めています。
   
  試合の方ですが、この日は韓国代表のユン選手と大津選手が先発。交代ではHロペス選手も出て来たのですが、まだフィットできていないのかなぁ。前半も後半も相手側エリアでボールをキープできて良かったです。足元もプレスもやはり柏より弱く、ホーム戦の快勝のイメージで正直負ける気がしなかったのですが、さすが上位チーム。逆転負けでした。印象に残ったのが、中川選手のようにクリス選手がボールを持ったGKに何度もプレスをかけに行くシーン。よく走る外国人選手です。相手のホームランも多かったですが、柏も決定機を外していました。この日はセカンドボールの支配が今一つだったのかもしれません。修正ですね修正。このサマーブレイクで。そろそろ守りの要で細貝選手を出してはいかがでしょうか。
   
 ネットの戦評です。
 ホームのセレッソさんは序盤から敵陣に攻め込むが、決定力を欠いてゴールに結び付けらず。チャンスをモノにできずにいると、連敗だけは避けたい柏が主導権を握り、前半終了間際に先制。後半、流れに乗る柏相手にポゼッションを許すが、粘り強い守備を続けると、得意のサイド攻撃から立て続けに得点を挙げ、セレッソさんが逆転。残りの時間も集中を切らさず守り抜き、ホームでの強さを存分に発揮して、注目の上位対決を制してセレッソさんが首位に浮上。
   
 現在はJ1はサマーブレイクに入っており、遠征や合宿などそれぞれつかの間のオフシーズンを過ごしています。2ステージ制騒動からの矯正の賜物です。今日、「Jリーグ ワールドチャレンジ」として、浦和さんとドルトムントの試合がありましたね。ドルトムントといれば、ホームスタジアムのゴル裏が「大きなん黄色い壁」を形作る、ドイツの偉大な「黄色いチーム」です。レベルは違っても、プレースタイルは柏と似ていたような気がします。地上波で生中継というのはいい事ですね。セレッソさんとセビージャの試合も同様に地上波中継があるのだろか。

 話は変わり、今日ウルトラスで開催された、ファジのアウェー金沢戦のPVに参加してきました。その模様は明日。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« Jリーグの話題143 | トップ | 勝利の白星103 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。