J OKAYAMA ~岡山サッカーの桃源郷へ

岡山サッカーファミリー(ファジアーノ岡山等)、スポーツ文化等「岡山からJリーグ百年構想を」・・・情報ライブラリ的ブログ。

選手・現場の声41

2016-10-13 00:01:08 | スポーツ文化・その他

 リスペクト(事例紹介)コラムです。
 今回はとても重い気持ちで書きました。少し前にこの情報を知り、ホンマかいな、スルーしとこと思い、今まで触れずにおきましたが、THE WORLDに再び情報が登場しました。日頃、情報開示や情報公開を口にしているブロガーとして、やはりこの場で情報提供しておきたいと思います。今回も主観は無し。この情報をどう思われるかは、読者の方々にお任せいたします。以下、抜粋して紹介。
           
【アメリカの発がん性問題がオランダへ波及】
 人工芝による発ガン性の有無で、オランダのアマチュアクラブがグラウンドを次々に閉鎖。ことの発端は、アメリカの女子サッカー選手がガンを発症したことから。米TV番組が女子サッカー選手38名を検査したところ、34名のGKがガンを発症していると診断。これをきっかけに、今までアメリカではいろいろな論争が噴出。今年に入り、アメリカが本格的な調査を開始し、人工芝のゴムチップがスポーツ選手へ何かしら危険性をもたらすことを示唆。ただ、ガンとの関連性については、いまだ証明できず。
 そんな中、オランダでも人工芝の発ガン性の有無を取り上げたドキュメンタリー番組を放送。オランダ政府へ人工芝の危険性について喚起し、番組内で調査を呼びかけ。そしてこれを機に、オランダのアマチュアクラブ、30チームがグラウンド閉鎖に追い込まれることになったと伊紙が報道。すぐにオランダ政府が原因を解明しなければならないのではないかと報道。
 女子サッカー界においてはW杯でも使用され、日本でも広く普及しつつある人工芝のグラウンド。この発ガン性問題は、いつ終止符が打たれるのだろうか。人の命にも関わる問題なので、できるだけ早く解決してもらいたいと締めくくっています。
「ザ・ワールド」該当記事:http://www.theworldmagazine.jp/20161009/01world/91252

 という報道があり、じゃあという事でネットで他の情報を探ってみました。人工芝の国産メーカーでは、充填剤として黒ゴムチップは使用しておらず、黒ゴムでは無い熱可塑性樹脂カラーチップのエコフィルを採用しており、人体への安全性と環境性を確保したものになると説明しております。元ニュースを紹介してみましょう。以下、抜粋して紹介。

【全米を揺るがす“人工芝”問題~女子サッカー・ゴールキーパー34名が「がん」に!】
 今年に入り、米国消費者製品安全委員会、環境保護庁、疫病対策センターの三者が共同で、巷間求められてきたある調査の開始を発表。米国の政府機関も、人工芝の充填剤原料として使用されるゴムチップ(=廃タイヤから作られる化学物質)の危険性について、とうとう重い腰を上げたとか。
 '09年、米ワシントン大学女子サッカー部所属の2人のGKが相次いで入院し、いずれも非ホジキンリンパ腫と診断されたのが端緒。これは、腫瘤ができるものの初期症状が無痛性のため、誤診などで見逃されやすい悪性リンパ腫の一種。
 しかも、同じサッカー部の主将は病院側から「今週だけでGKばかり4人も入院」と不可解にして驚愕の事実を聞かされる。

 ペナルティエリア内では、“守護神”GKと相手選手との攻防は激しさを増す。練習時も人工芝のゴム屑はスパイクとぶつかり合いホコリもろとも宙を舞う。「あの黒い屑がきっと発がん性物質に違いないと確信した主将は、他大学女子サッカー部も調査。すると38人が化学療法を受け、うち34人がGKという深刻な結果が判明。しかも、全員の診断が「がん」、それも血液性のがんであるリンパ腫や白血病が多い点で一致。
 以来、全米のメディアが騒ぎ始めて科学者の見解や検証も開始。がんには至らないまでも、ゴム屑摂取による呼吸器疾患など、過去20年間で60件におよぶ健康被害が報道。
 中でも、全米報道番組「USAトゥデイ」の追求は次のようにかなり積極的。
 「人工芝使用の競技場は、全米各地で1万1,000箇所もあり、多くの学校、保育園や遊戯場から健康被害を起こす鉛が高濃度検出。ところが、わが連邦政府機関が人工芝は安全だと謳って使用を推奨しているのは明らか矛盾」
 補足すれば、この件のゴムチップには、国際がん研究機関の発がん性リスク評価で3類のベンゼン、2類のカーボンブラックと鉛が含有。そんな全米メディアの沸騰追及に対しても、政府機関は数年間も無視を決め込んできたが、とうとう今年2月の連携調査開始を発表。先日はスコットランド・スターリング大学による人工芝調査の結果も公表され、「複数の発がん性物質が存在する」事実が判明。
ヘルスプレス該当ページ:http://healthpress.jp/2016/04/34-2.html

 以上の情報です。実は少し前にあるフットサル場での大会に顔を出した時に、来賓の方から「そういえば、こんな話知ってるか?」と声を掛けられ、この話題を聞かされました。その時はちょっと小耳に挟んだだけでしたが、改めて「結構話が浸透してる・・・」と実感。今後はジワジワとメディアに話が出てくるのではないでしょうか。これで悪い方向に行かず、速やかに話が好転する事を望んでいます。
 反対意見もあるし、個人的にいろいろ思う事もあります。ただ、今回は単なる情報開示・情報公開のつもりで紹介しました。今回は第1弾。次の第2弾でそんな説は誤っている、これからも人工芝コートでフットサルやサッカーを楽しみましょうという論調を出したいと思っています。 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 日本代表のこと・・・355 | トップ | Jリーグの話題124 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。