J OKAYAMA ~岡山サッカーの桃源郷へ

岡山サッカーファミリー(ファジアーノ岡山等)、スポーツ文化等「岡山からJリーグ百年構想を」・・・情報ライブラリ的ブログ。

カリスマの存在218

2017-05-21 00:01:23 | カリスマの存在

 ライブ生観戦レポです。
 今日は夕方からの用事(吉備ファジ会等)で時間があるので、最近調子のいい某黄色いチームのアウェー磐田戦のDAZN観戦にしました。やはり今年はよく観えます。さすがDAZNライフ。柏の先発は前節と同じ布陣。今日も後半40分過ぎまで交代しないくらいバランスのいい展開で、圧倒できるか楽しみです。現在5連勝(零封3試合)中で今日6連勝を飾れるか。現在は暫定4位ですが、今日勝てば最良で首位です。という事で生書き込みです。
   
 今日は磐田デーで「一斉観戦授業」、磐田市内の小学生3,200人(22校)が来ているとか。小学生みんな招待というのは磐田さんならではのイベントですね。磐田さんのアダイウトン選手に注意です。柏サポの声もホームのようによく聞こえます。元岡山の川又選手の顔も見えます。俊輔選手はトップ下で、解説ではジーコジャパン以来10年ぶりとか。やはりヤマハは日立台に似てますね。柏のようにクラブ所有まではいかないか。キックオフ。
 今日もクルクル多いです。5分に1回くらいあります。しかもいいシーンで何回も起こります。この1分はずれてるのかな。最近多くないですか。今度は画像がボケてきました。前みたいにスポーツニュースでつついたらいいのに。どうも今日は前節のようなプレーをさせてもらえません。ゴール前で中村の俊輔対航輔。航輔選手防ぎました。

 磐田さんは上位に強く、鹿島さんに3-0で快勝しているとか。今月のルヴァン杯でも負けています。今日も手塚選手が遠目からミドルを打ってきます。序盤はなかなかボールをキープできなかったですが、徐々にボールを回せるようになってきました。足が止まるのは早いと思いますが。柏はスライでぃんぐタックルします。どこかで見た体を寄せるだけの弱いプレスではありません。柏はボールの奪いどころがしっかりしていると解説されています。
 アダイウトンが独走しましたが、いい守備でセーブ。前半44分に、相手ゴール前の混戦でこぼれて来たところ、中央で待っていたのがクリス選手。流し込みました。柏ゴォール!!! クリスティアーノゴール! 1-0。タニ主将がスルスルとゴール前に出てきて、シュートを狙います。さすがのプレー。前半終了。
   
 後半スタート。交代は無し。前半と同じように後半も入りが良くありません。しっかりしのいで追加点ですね。危ないシーン、ショートカウンターから1対1になるが何とかセーブ。カウンターの逆襲。クリス選手のシュート惜しい。相手ゴール前でPKゲット。GKカミンスキー選手のタックルみたいですね。納得いかない磐田選手達が審判に詰め寄る。PKではないというジャッジになって、今度は柏選手達が猛抗議。確かに微妙な判定ですが。結局PKならず。PKの判定が覆るのも珍しいシーン。やっぱVAR(ビデオ判定)を早く導入すべきですね。今日も先発メンバーのバランスがいいようで、なかなか選手交代がありません。前節は40分過ぎてから次々と交代していました。暑さの影響か守備がややはまらなくなってきました。 
 右サイドからクリス選手がドリブル突破。ロングに入れたクロスの先には155cmの中川選手が走っている。柏ゴォール!!! 中川ゴール! 2-0。クリス選手の100点満点の完璧なクロスでした。中川選手のポジショニングを見事にマッチ。開設でも身長は関係ありません。運動量とポジショニングですと言っています。
     
 ここでまた元岡山の上田選手登場。久しぶりだねぇ。最近は控えの様子。今日も後半40分が過ぎても柏はまだ交代ありません。このメンバーが最強なのですね。ディエゴもハモン・ロペスもベンチにいるのに。
 おっと、浦和さん同点ですね。このまま行くと暫定首位ですよ。俊輔選手はいいパス出しますね、受け手がもっと良かったらやられています。柏は代表クラスの選手がいるのではなく、全国的には無名な選手ばかりなのに、この強さはやはり理想的な育成型クラブの極みなのかな。11人中7人がアカデミー出身です。ぶつかってきたのが俊輔選手で、声をかけられて手塚選手もちょっとうれしそう。ここで、鎌田選手に替わって古賀「太陽」選手投入。後半42分です。

 この時間になっても、中川、武富、クリスなど運動量が落ちない柏を解説で褒められています。ここで手塚選手に替わって細貝選手投入。クローザーとしての役割ですが、最近は登場時間遅いですね。まだ力を出し切れていないようです。観戦している磐田市内の小学生も柏のプレー(特に中川選手)に魅せられた子も結構いるのでは。ロスタイムでIJ選手に替わってディエゴ選手投入。選手層厚いと解説されていますが、厚いのではなく上手く機能していると思います。最初はどうかと思っていましたが、下平監督も名監督になってきました。ここでホイッスル。「強さを見せる6連勝」という解説で試合終了。
   
 ヤマトコール響いています。この試合終了時には暫定首位(最終的には2位)です。ただ、勝利数では単独1位の8勝です。強いです。2011年とまた似てきました。選手もサポーターも一緒にタオマフを振る、勝利のダンスです。広島さん勝ったようです。これで夜のO畑氏も機嫌良く登場だ。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« Jリーグの話題138 | トップ | 吉備ファジ会 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。