J OKAYAMA ~岡山サッカーの桃源郷へ

岡山サッカーファミリー(ファジアーノ岡山等)、スポーツ文化等「岡山からJリーグ百年構想を」・・・情報ライブラリ的ブログ。

岡山シーガルズ77

2017-04-19 00:02:03 | 岡山シーガルズ

 リスペクト(事例紹介)コラムです。
 今朝の山陽新聞朝刊にシーガルズジュニア選考会のニュースが出ていました。シーガルズの下部組織は確か、全国大会で優勝しているはずと記事を読んでしまいました。まずは、選考会の募集記事です。以下、抜粋して紹介。
   
 岡山シーガルズは17日に加計第3記念体育館で、シーガルズジュニアの第7期生セレクションを開催。県内外の小学4年から中学3年の28人が参加。参加者は最高到達点やダッシュなどの体力測定と、パスやレシーブ、アタックといった実技テストに挑戦。
 シーガルズのコーチや宮下選手ら4人の選手が動きをチェック。シーガルズジュニアはトップチームと連携した一貫指導で選手を育てようと'11年にスタート。昨年は全国ヤングバレーボールクラブ優勝大会U-14の部で2連覇を達成。7期生は20人程度を採用予定で、4月末までに合否を通知し、5月から週1回練習を実施。
山陽新聞該当ページ:http://www.sanyonews.jp/article/518590
岡山シーガルズ公式HP該当ページ:http://okayama.v-seagulls.co.jp/etc/junior.html

 という内容でしたが、やはり全国大会で優勝していますね。しかも2連覇です。単なる普及スクールではなく、立派な育成スクールですね。その大会はどのような大会なのか気になりました。全国ヤングバレーボールクラブ優勝大会について調べてみました。以下のような大会内容でした。
   
【大会概要】
 部活動で十分能力を発揮できない生徒や学生が中心となり、学校の枠を超えて地域でバレーボール活動を行い、その成果を発揮し、活躍できる大会。地域で誰もが青少年の指導者等になり、「支えるスポーツ」としてバレーボールに親しみ、活躍できる大会。
 各都道府県の推薦を受けたチームが、U-14男女とU-19男女のカテゴリに分かれ、本大会にはV.プレミアリーグの下部チームも多く出場しており、U-14男子のパナソニックパンサーズジュニアと、U-14女子のシーガルズジュニアは連続優勝を狙う存在。
【シーガルズジュニアの過去の大会戦績】
第19回(2016年):   優勝   最優秀選手:高本 愛結奈選手
第18回(2015年):   優勝   最優秀選手:丸本菜㮈子選手
第17回(2014年): 準優勝   
第16回(2013年): 2部C優勝
全国ヤングバレーボールクラブ優勝大会公式HP:http://www9.plala.or.jp/youngvolleyball/
岡山シーガルズ公式HP該当ページ:http://okayama.v-seagulls.co.jp/topic/?p=3787

 4年前からこの大会に出場しているようですね。U-19はちょうど春高世代ですが、U-14はその前の世代ですね。サッカーのようにクラブ単位の全国大会はバレーではまだ余り無いようなので、貴重な機会ですね。都道府県の推薦という事ですが、シーガルズジュニアは、県のバレー協会のお墨付きをもらって出場しているのかな。それとも毎回県予選会を通過しているのか。ぜひ3連覇に向けて頑張って欲しいし、ぜひトップチームに選手を供給する時代が来て欲しいですね。いつの日か、シーガルズジュニアから、大阪国際滝井高か就実高、そこからシーガルズに入団する岡山出身の選手が出てきて欲しいと思います。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 次に向けて頑張りましょう149 | トップ | ボランティアの力224 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。