J OKAYAMA ~岡山サッカーの桃源郷へ

岡山サッカーファミリー(ファジアーノ岡山等)、スポーツ文化等「岡山からJリーグ百年構想を」・・・情報ライブラリ的ブログ。

スポーツ文化の素晴らしさ87

2017-07-31 00:01:49 | スポーツ文化・その他

 観戦レポです。
 昨日、マスカット球場で開催された高校野球岡山県大会の決勝戦に急遽参戦しました。当ブログで高校野球を取り上げるのは10年以上の歴史(毎日更新)の中で初めて、マスカット球場開催スポーツについても、プロ野球キャンプや女子プロ野球まででしたね。なぜか、それは優勝校がファジアーノ応援団・浅口の地元校だからです。おかやま山陽高については、浅口市鴨方町にある私立校で、普通科の他に機械科、自動車科、調理科、製菓科と、どちらかといえば実業のイメージが強い高校です。特に調理科、製菓科から飲食業へ多くの人材を輩出しています。
   
 応援団・浅口との関係は、メンバーのうち、浅口地区サッカー協会の横会長が所属されているのを始め、元愛媛のKコーチにはサッカー教室等でよくお会いします。浅口市フットサル場の東隣はサッカー部のグラウンドであり、よく他校と試合をされており、地域に根付き、貢献するいい高校です。という事で、応援団・浅口にとって、本当に身近な地元校です。サッカーのイメージばかりだったのですが、野球部がそんな事になっていたなんて、正直準決勝まで全く認識していませんでした。地元の方々もそういう人多いのでは。
 相手の創志学園さんはIPUの系列高校で、IPUさんともファジボラ等で絡む事が多いので、馴染みの存在。野球部は8年前に創部で、ここ何期も甲子園に行っている格上の存在。まさにチャレンジャーとして山高さん(地元の呼び名)が挑む格好ですね。こちらは勝てば初出場で、ちょっとジャイキリっぽい印象。
   
 この日は外出時間まで、ずっと自宅でTV中継見ようかなと思っていましたが、気が付いたら現地に行っていました(笑)。何分近所なもので、すぐに到着。でも8回裏でした。入場口に向かって歩いてくと、家路に急ぐ人とよくすれ違いましたね。スコアボードを見ると、何と8回まで創志さんのヒット数がゼロ。おいおい、ノーヒットノーランになるじゃないかとちょっと緊張。8回まで大江選手(№10)が投げていましたが、9回から有本選手(№11)が登板していました。そして、何と2アウトまで来ました。あと1人でノーヒットノーラン。前代未聞の快挙となるでしょう。しかし、初ヒットを打たれ、その後2点を返されました。でも、観ている方は余裕です。さすがにあと7点差は無理でしょうと。

 前日28日(金)に同じ決勝戦が行われ、8-8で迎えた11回表途中で雨のためノーゲーム再試合となり、この日ゆっくり観戦できました。前日の試合は点の取り合いで、見応えのあるスリリングな試合だったようですが、この日は一転、山高さんが圧倒するワンサイドゲームでした。相手の投手は前日137球投げていてお疲れのようでしたね。甘い球に加えて変化球を狙って打ち込んだようです。
 昨日の山高さんはとにかくよく打つ。歯が立たず三振している選手は見なかったですね。ピッチャーもいいボールを投げていて、よく打ち取っていて、これは実質コールドゲームじゃないかと思ってしまうくらいに、力の差を感じて観ていました。また、山高さんは今予選を通じてエラーはゼロです。攻撃に加えて堅守も強さなのでしょう。
   
 両チームの応援団に目を向ける。山高さんは普通の風景でしたが、創志さんはIPUさんから応援が来たそうで、すごい迫力。何か違いました。応援では創志さんが圧倒しているのに、試合では山高さんが圧倒しているというアンバランスな風景。創志さんの応援は本当に立派な応援でした。運よくバックネット裏のいい席で観れました。周りには山高さん側のファンが大勢いたようですが、果たして浅口市民なのか、OBばかりでそうでもないのか、ちょっとよくわかりませんでした。でも、特に浅口市民はみんな、この時TVにくぎ付けだった事でしょう。
   
 情報によると、創部69年目の山高野球部さんはベンチ入り選手は全て県内の中学校出身で、マネージャー含めて100人、すべて県内と福山地域出身(山陽本線で通学)の地元の子ばかりだそうです。他の強豪校は他県出身の部員も少なくないと思うので、この山高さんの快挙は岡山の高校球界に一石を投じる一事例になるかもしれませんね。
 ノーシードから玉野光南さんや学芸さんの強豪を打ち崩し、7試合で59点という攻撃力は監督さん考案のユニークな練習法のたまものだとか。創志学園さんには準決勝で敗れており、雪辱を果たした格好。
   
 閉会式が行われました。普段はサッカーのしか見た事ないし、生の優勝シーンはほとんどJ1クラブしか経験ないので新鮮でした。まずは山高さんの校歌斉唱。こんな雰囲気なんだと。ホームベース後に大会役員が並び、両高選手が並ぶ。表彰式です。あれが優勝旗かと。メダル授与の後に、場内一周ならぬ、ダイヤモンド一周です。そうか、野球はこうなんだと。国旗掲揚シーンはよく観られますが、この日は大会旗と国旗の収納シーンです。これはサッカーシーンでは無いですね。外では朝日新聞の号外が配られていて、迷わずもらってしまいました。ご希望があれば進呈いたします。
        
 甲子園大会が楽しみです。とても現地への応援は無理ですが、可能な限りTVで応援したいと思います。見たのは決勝戦だけですが、あの戦いっぷりから見ると、ここ最近の1回戦敗退にはならない期待が持てます。近々応援団・浅口の定例会がありますが、そこでも盛り上がる事でしょう。山高さん、ぜひ甲子園優勝を目指して頑張ってください。
おかやま山陽高校公式HP:http://www.okayama-sanyo-hs.ed.jp/

 話は変わり、今日Cスタでファジのホーム長崎戦がありました。その模様は明日。あと、J1が再開しましたね。待っていました。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ファンサービスの一事例66 | トップ | 勝利の白星105 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

スポーツ文化・その他」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。