J OKAYAMA ~岡山サッカーの桃源郷へ

岡山サッカーファミリー(ファジアーノ岡山等)、スポーツ文化等「岡山からJリーグ百年構想を」・・・情報ライブラリ的ブログ。

岡山シーガルズ75

2017-03-20 01:07:33 | 岡山シーガルズ

 リスペクト(事例紹介)コラムです。
 昨日だったか、山陽新聞朝刊に「シーガルズ無念の結末」というタイトルの特集記事がありました。「決め手欠き、主力不調『原点に戻り強く』再起誓う」というサブタイトルもありました。内容が余りにもショッキングで中身が濃かったので、記事として紹介する事にしました。未だに当ブログでは喪失感が残っています。以下、抜粋して紹介。
   
 岡山に拠点を移した'01年以降初の2部降格が決定。昨季6位からの巻き返しはならず、無念の結末を迎えたシーズンを振り返り。今季レギュラーラウンド(RR)1巡目をを3勝目を3勝4敗5(5位)で終えた岡山は2巡目から大失速。最下位PFUにストレート負けを喫してから泥沼の11連敗。攻守に精彩を欠き、12月以降は1度も入れ替え戦圏内を脱出できず。チームのアタック決定率32.8%、サーブレシーブ成功率59.0% はともにリーグ最下位。
〔もどかしさ〕
 勝負どころで1点が遠く、「ラリーが続くと冷静になれず」と佐々木選手のコメント。セット中盤以降の重要な局面では決め急いで攻撃が単調になり、相手ブロックで万事休す。決め手を欠いたアタッカー陣に加え、不安定なサーブレシーブで流れを手放し、ストレート負けを除いた10敗中、5試合は第1セット」を先取しながら勝ちきれず。
 核となる選手の不調も影響。五輪イヤーの昨年は山口主将とセッター宮下、リベロ丸山の3選手が長期間チームを離れ、例年にも増して他メンバーとの連携不足が露呈し、そのまま開幕を迎えた今季。もどかしさを宮下選手が口にする中、2年目のセンター居村選手や3年目のレフト大升選手をはじめ、新人リベロ森田選手ら若手が河本監督の起用に応えたが、苦境を打破するまでには至らず。
〔潜在能力〕
 過去最高で準優勝した'13-'14シーズンのチームデータでは、 サーブレシーブ成功率(55.1%)とアタック決定率(34.3%)はいずれもリーグ下位で、今季とさほど変わらず。ブロックとレシーブが連動した組織的な守備からラリーに持ち込み、緩急や角度をつけたアタックで得点。他チームに比べて高さやパワーで劣る岡山は数字だけで推し量れない緻密な全員バレーで強豪に対抗し、結果を残してきたが、ここ数年は世代交代が進み、チームは20歳前後の経験が浅い選手が増加。連敗中にプレーの精度や技術は当時のレベルには及ばず。ただ、RR5勝のうち、3勝はNEC、久光、日立の上位3チームという潜在力も健在。
 プレーオフ(ファイナル6)を逃したのは'10-11シーズン以来。更に先日の入れ替え戦では第1戦で3-1で勝ちながら、第2戦で0-3で落としただけに悔しさが残る状況。来季の2部(チャレンジリーグ)で試練を乗り越えた再起を期待。
〔岡山シーガルズの今季と'13-14シーズンの主な技術成績〕
                今季    / '13-14
・アタック決定率       32.8%(8位) / 34.3%(6位)
・バックアタック決定率  13.7%(8位) / 19.2%(8位)
・ブロック決定本数    1.52本(6位) / 2.36本(4位)
 (1セット当たり) 
・サーブ効果率      10.0%(5位) / 10.8%(8位)
・サーブレシーブ成功率 59.0%(8位) / 55.1%(7位)

 という内容でした。山陽新聞さんも真剣にシーガルズを心配している事がよくわかります。でなければ、わざわざこんな比較をしたりしません。そうですか、あの年と余り変わらないんですね。特にバックアタックなどは、大型アタッカーがいない点、サーブレシーブが上手くない点も、実は課題としてこの4年間改善されていない事を意味しています。片や2位、もう片方は7位ですから。やはり粘りというか精神的な部分も多いのではないでしょうか。ふと、J2岡山で6位だった昨季と8位だった2012年と全く同じ成績だった事も、同じような話ではないかと思いました。やはり、目に見える好成績(シーガルズで言えばぶっちぎりの2部優勝、J2岡山ではJ2優勝による昇格)でないといけないという事です。シーガルズは1年で1部に戻れるかどうか、そこが試金石だと思います。

 話は変わり、今日Cスタでファジのホーム京都戦がありました。その模様は明日。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 負けるな!Vリーグ3 | トップ | 勝利の白星97 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。