J OKAYAMA ~岡山サッカーの桃源郷へ

岡山サッカーファミリー(ファジアーノ岡山等)、スポーツ文化等「岡山からJリーグ百年構想を」・・・情報ライブラリ的ブログ。

湯郷ベルについて47

2017-03-30 01:42:00 | 岡山湯郷ベル

 試合観戦レポです。
 先日、美作Tラグビー・サッカー場で開催された、なでしこリーグ2部の湯郷ベル対吉備国際大シャルムの岡山ダービーの観戦に行ってきました。人数が集まらなかったら、ウルトラスでアウェー群馬戦のPV観戦をしようと思っていましたが、何とか成立しました。珍しくもつ鍋氏が車を出してくれました。

 東岡山駅集合。もつ鍋号で出発。他にしまくん、シマカズ氏。道も空いていて、2時間前に到着。車中ではいろいろな話に花が咲きました。札幌サポのしまくんに、札幌さんの室蘭地区後援会に入会したらとか。いろいろなチームの名前が出ました。サッカー以外も。
 駐車場で美咲町在住の松氏ご夫妻と遭遇。そのまま、一緒に入場着席しました。何でもこの日、西氏はシャルム側、岡山市在住の松氏はベルのコアサポ席にいるとか。我々は普通にメインのベル側に座りました。
 観客数が気になっていました。メインはすぐにいっぱいになりましたが、バックスタンドはもう一つ埋まりませんでした。2部という事と、スター選手が不在という要因なのか。結果は1,194人。W杯で優勝して3千人以上入った頃が懐かしい。時代は変わりましたね。
   
 入口から入ると、デカいスポンサーボードがありましたが、まだ全然歯抜けの状態。文字も心なしか大きくなっている印象。この日はスタグルは無いと聞いていたので、途中で買って入りましたが、何と、カレーと焼きそばの出店がありました。カレー美味そうだったな。ホーム側で1Fから2Fに上がる階段の壁に、全選手のメッセージ入りサイン色紙が掲示されており、大勢の人だかりがありました。メイン席に行ってみると、そこはいつもと全く変わらない応援席の風景。
   
 試合前のピッチに注目。亘新監督登場。いつも笑顔です。あと馴染みがあるのはのんちゃんこと藤田選手。他は、シャルムから加入した濱本選手と野間選手か。特に藤田選手は試合終了までずっと目で追っていました。浦和サポのシマカズ氏も浦和出身選手という事で気にしていました。
 監督、選手が全員メインスタンド前に並びました。亘監督が挨拶。代表して今までのゴタゴタをお詫びされていました。ここで切り替えて、新生湯郷ベルとしてやっていくんだという意気込みが伝わってきました。
 相手は、吉備国大シャルムで同じ岡山のチーム。試合が始まる。過去に観た岡山ダービーでは、ベルとシャルムの力の差が出て、やや一方的な展開が多かったですが、この日は違いました。全然シャルムも強かったです。白いユニフォームが強く観えたのかもしれませんが、シャルムには背の高い選手が増えた印象。以前のちっちゃい大学生の女の子が大人のチームに挑むという構図は無くなりました。シャルムには外人選手もいたし。
   
 前半はベルのペース。一進一退だったですが、ベルが先輩の貫録で先制。前半は1-0で折り返す。ハーフタイムで練習風景を観ましたが、やはりシャルムは何か違うイメージ。控えで普通にボール回ししている選手が背が高く、ボールタッチが上手い。こんな選手、前からいたっけという印象。前に観た時とは全然違うチームのようでした。
 後半になって、シャルムが躍動して同点に追いつく。以前なら一方的にリードされて終わるのですが、やはり今年のシャルムは強いぞと。更に元シャルムで、ファジボラでも一緒になった事のある浜本選手が2点目を入れて逆転。そのまま2-1でベルが勝ちました。のんちゃんはすべてのセットプレーを蹴っていましたね。アシストもしてたっけ。さすが、元ヤングなでしこのキャプテン。やはりボールさばきは上手かったです。ちょっと宮間選手を思い出しました。
   
 山陽新聞の記事の戦評です。
 しぶとく地元のベルがダービーを制す。一度追いつかれて突き離し、勝利。試合前の3日間、試合会場のピッチを使ってセットプレーを重点的に練習。練習の成果をしっかりと発揮。カテゴリは違うが、ベルのホーム勝利は約11ケ月ぶり。
   
 ベルの戦いっぷりも良かったが、背の高い選手が増えたシャルムも期待できます。ぜひ、2チーム揃って1部に復帰し、来年はCスタで1部チームとして岡山ダービーをやって欲しいですね。今シーズンはあと3回岡山ダービーがあります。レギュラーシーズンで、シャルムホーム戦。笠岡です。他にカップ戦があり、ホーム&アウェーで試合があります。大学を卒業して、シャルムからベルに入団する選手が増えてきました。この日もシャルム応援席から濱本選手を応援するゲーフラが掲げられ、交流感満点です。去年までの体制では考えられなかった光景。今後も良きライバル、良き連携相手として頑張って欲しいですね。
湯郷ベル公式HP試合結果ページ:http://www.yunogo-belle.com/modules/cms/pub_content_detail.php?id=1413&stat=0 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 日本代表のこと・・・364 | トップ | 関西で地域・社会貢献 京都... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

岡山湯郷ベル」カテゴリの最新記事