J OKAYAMA ~岡山サッカーの桃源郷へ

岡山サッカーファミリー(ファジアーノ岡山等)、スポーツ文化等「岡山からJリーグ百年構想を」・・・情報ライブラリ的ブログ。

Jリーグファミリーの資格73

2017-06-20 00:23:27 | ファジアーノ岡山

 リスペクト(事例紹介)コラムです。
 先日、いい話を耳にしました。J2岡山がいわゆる「給食先生」という選手による学校訪問が行われたようです。J1仕様だった岩政、矢島両選手が対談して、今年は選手による地域貢献活動は無いのかなと思っていた矢先、吉報が来ました。フロントツイッターのリツートでしたが。まぁ、良かったですね。まずは山陽新聞岡山市民版の記事から、抜粋して紹介。
   
【ファジ選手 芳田小訪問 給食通じ児童に呼び掛け:山陽新聞】
 岡山市芳田小学校の児童が15日、J2岡山の選手と給食をツウして交流し、食の大切さを学習。豊川選手は放送で「給食は小学生のサポーター。コンビネーションが崩れないように好き嫌いをなくそう」と呼び掛けた後、6年生の3クラスで児童と一緒に好きな食べ物やサッカーの話をしながら、給食を楽しんだ。交流会は、トップ選手と触れ合う事で児童が健康的な生活を心掛けられるように市とチームが開いており、3年目。この日は幡多小でも実施。

 今回はちょっと露出が少なかったですね。山陽新聞も岡山市民版なので、倉敷市民ではお目にかかれず。J's GOALのフォトページしか無い状態でしたが、今日フロントブログにアップされました。いくらいい活動をしても、やって終わりでは効果が半減します。社会貢献活動は、公に報告してこそ意味があります。あとで「言わないだけでちゃんとやってる」と口にするパターンがよそではあるかもしれませんが、報告を怠る事でやっていなかった事へ後退していると個人的に思っています。と、そのJ's GOALのフォトページとフロントブログを抜粋して紹介。
   
【小学校給食交流企画:J's GOAL】
 6月15日(木)、J2岡山の選手12名が岡山市立小学校の2校(幡多小、芳田小)を訪問し、「小学校給食交流企画」として児童と一緒に給食を食べました。給食の後は約800名の児童と選手が運動場でサッカー等を実施。櫛引選手は数100人を相手にドッジボールや鬼ごっこ。ボールを持って子どもたちを威嚇しますが、子どもたちは逆に大喜びで人気者となっていたとか。
J's GOAL該当ページ③:https://www.jsgoal.jp/photo/n-00015756/
 〃            ②:https://www.jsgoal.jp/photo/n-00015754/
 〃            ①:https://www.jsgoal.jp/photo/n-00015755/
   
   
【選手と給食!】
 
選手参加の地域活動では、サッカー教室なども行っているが、サッカーが得意でない子も多いため、今回は栄養と運動をテーマに、選手が子どもたちと一緒に給食を食べる、という岡山市主催の企画に参加。まずは全校児童に、校内放送で自己紹介。その後、各クラスに分かれて6年生と給食を食べ、その後は昼休みで、外でみんなと遊ぶ。
 3クラスに2選手ずつが分かれて訪問。給食後はクラス対抗の玉入れ、クラスごとのリフティング対決。最後に選手達から子どもたちへ「夢を持つ大切さ」などについて熱いメッセージを送る。

・幡多小:櫛引選手、石毛選手、塚川選手、石川選手、似鳥選手、藤本選手
・芳田小:片山選手、武田選手、久保選手、下口選手、加藤選手、豊川選手

フロントブログ該当記事(幡多小):http://ameblo.jp/fagiano-front/entry-12284022703.html
フロントブログ該当記事(芳田小)
http://ameblo.jp/fagiano-front/entry-12285322049.html

 去年は11月に実施していましたね。年1回といわず、できる範囲で年に何度かされてはいかがでしょうか。去年は「交通安全の街頭啓発活動」もされていましたが、きっとそのうち実施される事でしょう。今までに比べて露出度が小さい気がします。ファジ☆スタにも出てこなかったし。これはたまたま露出が少なかったのか、それとも何かあるのかなと思ってしまいました。
 情報を探しても見当たらず、岡山市民版だったので、岡山市以外のファン・サポーターの目には触れずに終わります。当ブログでも岡山市立中央図書館に他の用事と合わせて観に行きました。すると、1Fに何やらファジのコーナーがあるのを発見。そうでした、クラブの展示コーナーが設けられているのでした。思い出しました。
   

【ファジ選手のお薦め本紹介 岡山・中央図書館、サインも展示:山陽新聞】
  「岡山市民デー」(3日)に合わせ、ファジアーノ岡山の選手のお薦め本などを紹介する展示が中央図書館で開催。30日まで。特設コーナーには、新加入の選手5人が推薦する本やサッカー関連の書籍など計約70点を展示。喜山選手は池井戸潤作の「陸王」、大竹選手は「引き寄せの法則」を主題とした自己啓発書「ザ・シークレット」を推薦。
山陽新聞該当記事:http://www.sanyonews.jp/article/541091/1/

【中央図書館】展示「ファジアーノ岡山応援展示『ファジアーノ・フィーバー』」】
・開催日: 平成29年5月30日(火)~6月30日(金)まで ※月曜日は休館。
・時 間 : 午前10時から午後6時まで(木曜は午前11時から午後7時まで)
 6月1日(木)の「岡山市民の日」、6月3日(土)のホーム千葉戦に合わせて、ファジアーノ岡山応援展示「ファジアーノ・フィーバー」を開催。新加入の石毛選手、大竹選手、櫛引選手、喜山選手、一森選手のおススメ本や歴代ポスター、ユニフォーム、サッカー関連本などを展示。
岡山市立中央図書館公式HP該当記事:http://www.ocl.city.okayama.jp/news/info-tenji-chuo-2017jun.html

 うーむ、クラブ公式HPではアップしていなかったのかな。検索しても出てくるのは昔のものばかりでした。以前は2Fにも展示されていたのに、今年はどうだったのかな。行った時は頭になく、チェックが抜けていました。当ブログでも昔から紹介している話題。古くはJ1川崎の事例ですね。県立図書館でベルがやった時は、選手がサイン会に来たりしていましたが、理想は選手が顔を出す事か。今季こういう活動がいくつあるのか、楽しみにして観ていこうと思っています。あと、政田に近い西大寺はされるとして、他の県立とか倉敷市立中央とかではやらないのかな。
  

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ボランティアの力227 | トップ | チャリティー活動の実施について »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。