J OKAYAMA ~岡山サッカーの桃源郷へ

岡山サッカーファミリー(ファジアーノ岡山等)、スポーツ文化等「岡山からJリーグ百年構想を」・・・情報ライブラリ的ブログ。

Jリーグの話題151

2018-01-14 00:01:12 | サッカー(Jリーグ(J1・J2)・国内)

 リスペクトコラムです。
 今日、サッカーダイジェストの記事を読んでいたら、聴き慣れないキーワードが出てきました。Jリーグの今季で注目すべきポイントの一つという事でしたが、聞いた事はあるが全く把握していませんでした。今季からカップ戦だけですが、PK戦のやり方が変わるそうです。これはリスペクトしないと。ABBA方式といいますが、読者の皆さんは知っていましたか? 以下、掘り下げてみましょう。
   
【“入れ替え戦”の復活にABBA方式、ヨシメーター… J新シーズンで注目すべき10大ポイント】
〔⑥【PK戦】「ABBA方式」の採用〕
 ルヴァンカップとゼロックス・スーパーカップのPK戦では、PK方式における競技の公平性強化と国際大会への順応性向上のため、ABBA方式が採用される。これまで両チームが交互に蹴っていたが、この新方式では1本ずつ先攻と後攻が入れ替わる。仮に2チームをAとBに分けた際、順番がA→B→B→Aとなるため「ABBA方式」と呼ばれている。
引用:サッカーダイジェストWEB

 今季から、2つのカップ戦で、通称「ABBA(アバ)方式」と呼ばれる新PK戦方式が導入されるようです。理由は、PK戦では、先に蹴る先攻が有利というデータがあるからだとか。読者の方で「ABBA? 若い頃よく聴いたよ」と言う人もいるでしょうが、PK戦の新方式の名前です。実際に2千回のPK戦のデータを集めた結果だそうですが、すごいですね。フットボールチャンネルに詳しくありました。

【PK戦、なぜ“ABBA方式”? 従来のキック順で生まれていた先攻の優位性】
〔従来方式だと先攻チームの勝率が6割以上に〕
「なぜ後攻が不利なのか? パラシオス=ウエルタは212回のPK戦の2106本のPKを分析して、先攻のチームが勝つ確率が61%(後攻が勝ったのは39%)であることを発見した。『コイントスは勝率を五分五分から六分四分にする』と彼は言った。『先にPKを蹴ったほうが相手よりも22%有利になる』」
「パラシオス=ウエルタは元の順番を途中で逆にすることで、「どちらかが潜在的に有利になる不公平を補正できる」と考える。彼が理想とするPKを蹴る順番は、ABBA、BAAB、ABBA、BAABである。」
引用:フットボールチャンネル
 
 このパラシオス氏案では、ABBABAABABBA・・・ ですが、現在のABBA方式ではABBAABBAABB・・・で行っているようです。それにしても、このPKのデータをよく取りましたね。2,106本も。データは物を言うというのか、データ上ははっきり傾向が出てますね。2割という数字は大きいかもしれません。これでいけば、理想的な大会方式ですが、それだけで終わらないようです。そこには微妙な心理作用が働くようです。こちらのコラムを読んでみましょう。

【新たなPK戦「ABBA(アバ)方式」で先攻有利は改善できるのか?】
「IFAB(国際サッカー評議会=サッカーのルール制定機関)によると、サッカー競技規則で勝負の決着方法として定められている現行のPK戦システムでは、先に蹴るチームが不当に有利になることが明らかになっている」という。そこで、PK戦における先攻と後攻での有利不利をなくすため、AチームとBチームが対戦したとき、従来のように常にAが先に蹴るのではなく、新方式では1本目をAが先に蹴ったら、2本目はBが先に蹴り、3本目は再びAが先に蹴る、というように、1本ずつ交互に先攻後攻を入れ替えていく。」
「不思議なことにPK戦では、失敗の連鎖が起きやすい。Aが外すと、直後にBも外す。科学的根拠には乏しいが、サッカーに詳しい人なら”あるある”のひとつだろう。」
「さらに言えば、1本目を外したが、2本目は決めたケースが1度なのに対し、1本目を決めたが、2本目は外したケースは2度起きている。こうした現象が、”2本連続の2本目”に失敗が多くなる印象を強くしているのだ。」
「なぜなら、”2本連続で蹴る2本目”に失敗が起きる可能性が高いことを前提にすれば、2本連続で蹴る必要のない1本目の先攻を取るほうが、やはり有利だと言えるからだ。いや、そうだとすれば、むしろ従来の方式以上に先攻有利になる可能性すらあるのではないだろうか。サンプル数がわずかに3試合しかないため、確かなことはわからないが、その効果には疑問を感じるというのが、新方式で行なわれたPK戦を見てみた印象である。
 ちなみに、この新方式はあくまでも試験的な導入段階にあり、今後、FIFAやUEFAが主催する国際大会でPK戦の方式が」どうなっていくかは未定だ。日本サッカー協会によれば、日本国内の大会では現段階で導入の予定はないとのことである。」
引用:Web Sportiva

 難しいところですね。今までの交互に蹴るPK戦では先攻有利になる。ではABBAABB・・・にすると、相手GKの慣れもあって、同チームの2本目が失敗する可能性がある。それでは、パラシオス氏案の、ABBABAABABBA・・・がいいのか。とにかく、今季のカップ戦から導入されるのはいい事だと思います。世界のスタンダードにJリーグはしっかりとくっついて行っているという事で。まあ、カップ戦に導入としても、そう簡単にPK戦までいくケースは少ないと思います。という事は国内のでの実験では、今季はそれほど検証はされないのかとも。たちまち、来月にセレッソさんと川崎さんのゼロックスがありますが、引き分けで終わらせず、ぜひPK戦までやって欲しいですね。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ファジアーノがある風景23 | トップ | ファンサービスの一事例70 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

サッカー(Jリーグ(J1・J2)・国内)」カテゴリの最新記事