大矢農産のブログ

自然へ働きかけ、富を得る!!富とは何か・・第一次産業ってなんだろう?
大矢農産の農業をご紹介!!

稲刈り終わり

2016年10月20日 00時23分20秒 | 代表のつぶやき
こんばんは!
大矢農産のオオヤです。

1週間の刈取り作業を終えました。


刈取り→乾燥→調製の繰り返しでした。
[user_image 58/ba/cb5c83f8b5f914bd5ae69da10b7dfac7.

締めは秋祭りと、なかなかハードでした。

さて、早いもので今年も残り数ヶ月。
このままいけば、10月はあっという間に過ぎそうです。

この年末までに、新たな進展を起こしておきたいと意気込んでおります。

国会では、TPPの議論が交わされています。
特に、日本の農業について議論がなされています。

世界と比べてはならない日本の農業。
しかし、世界に立ち向かっていけるような農業を日本は確立しなければなりません。

私としては、まず地域農業の確立を目指している所存ですが、ゆく先は日本そして世界を観るべきものと思っております。

現実は、とても厳しいものです。
生産可能ではあるが、農地がない。
農地はあるが、農地ではない。
意味のわからない状況になっております。

こんなことを書きたくはありませんが「土地」として農地をみる、この世の中、いや私みたいな都市部の地域は本当に勝手なものだと思います。

1000万円で売れたら手元にくる。
しかし、そこは何十年も耕し収穫を続けると1000万円以上の価値がある。
お金で例えましたが、本来お金ではない。
綺麗事かもしれないが、人類生かされるために農地として与えられたものである。

本当に大変です。

私も農業という道を選ばなければよいのですが、今しっかりと将来ゆく道を街(地域)が決めておかなければならない。

幾ら良い野菜をたくさん作っても、認められないのが今の農業。

だから私も良い野菜をたくさん作ることを念頭に置いてはいるがドツボにハメられないよう常に危機感を持って日々農業に励んでいる。

必ず同時に農業大改革を私が愛する地域でやってみせたいと強く思っている。

産業面と農業面でしっかりと区別をさせ進める道を年末にまとめておきたいものだ。




ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 10月稲刈り | トップ | 水と光、農業インフラ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL