もなかの覚え書き3

名前のことだま「かたくり庵」のブログ
自由な覚え書きノートとして使わせていただいてます

罪悪感は

2016年10月19日 22時07分02秒 | 日々

あ、これは罪悪感だ、と自分の中にある罪悪感をみつけたとき

子どもに対して親らしいことをしてあげられなかったと思うのは、私の中に
「親はこうするべき」
「母親だったらこうしなければならない」
があるから、それから外れたとき罪悪感を覚えます。

「〜べき、ねばならない」を自分に強いるととてもイヤ〜な気持ちになります。
それは自分のものではないからだと思います。
だから、
「親はこうするべき」
「母親だったらこうしなければならない」は要らないものです。

そして、振り返ってみると、どんなときの自分もそのときはそれがベストだった、そのときはそれ以上はなかった、ということがわかります。

そういう過去の自分を、よくがんばってきたねと認めると、自分が愛おしくなります。
すでに罪悪感なんてなくなっています。

自分の自由を認めていこう。

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ことだまアロマ②の日でした。 | トップ | タイミングがある »
最近の画像もっと見る