もなかの覚え書き3

名前のことだま「かたくり庵」のブログ
自由な覚え書きノートとして使わせていただいてます

私の場合

2016年10月14日 15時39分27秒 | 日々

きのう友だちが言ってた「前はあういう人じゃなかったのに変わった…」という話から
今朝、親戚の人を思い出しました。

その人は、真理の話や精神世界の話をいろいろ教えてくれました。
私はそれらを使って自分に起きるさまざまな問題を乗り越えてきたので、その人か教えてくれなかったらもっともっと苦しんだと思います。

たまに親戚が集まる度に、ずーっと隣に座って話を聞きました。
そういう私に、いい加減にしろと夫が怒ったときもあります。

私はその人にほめられたい、認められたいと思っていたので、もっと話を聞いて成長したいと強く思っていました。

2010年暮れに、自分のこので大きな悩みがありました。
それについてその親戚の人と口論になったとき、前はこんな人じゃなかったのに、この人は変わってしまったんだと思いましたが、ハッ!と気付きました。

私は今までこの人に支配されていたんだー!!

とても衝撃的でした。
そこでキッパリと断ち切りました。

その人は、成長したい私の気持ちを利用して、その人に執着させて支配していたんです、40年も!

それから、親戚の集まりのとき、その人は次のターゲットを見つけていました。
悩んでいてどう生きていいかわからない親戚の女性です。
親戚の集まりの度に隣に座って話している様子を見て、そこだけ空気が変だぞ! 異様だ…あっ! 以前の私もこうだったんだ!と気付きました。

その人と口論になったとき、前はこんな人じゃなかったのに、変わってしまったんだと思ったけど、その人のことがわからなかったのは私だけだったんだ、支配されていたから。
夫や妹をはじめ親戚の人たちはその人がどういう人かわかっていた、支配されていないから。

と、きのうの友だちの「前はあういう人じゃなかったのに…」から、私の昔の出来事が整理されました。
ありがとうございます。
すごくスッキリ!

今でも、自分がその人の教えから反してる言動をとるとき、罪悪感が生まれます。
でも、これは私のものではなく、刷り込まれたものだから、さっと捨てる。
教えから自由になること!
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« やってみる | トップ | sawa便り 291 »
最近の画像もっと見る