カタスミ

趣味で漫画を描いています。自サイト更新情報メイン。
その他、お絵描き・グルメ・おでかけ・読書などなど。

『スキップ』北村薫著

2017-05-12 00:59:24 | 小説感想
17歳の女子高生が、うたた寝から目覚めたら
25年後の自分の意識に入っていたというお話。
以下ネタバレあり。


























17歳が42歳になってしまった以外の事は
日常的な光景のみで繰り広げられるお話でした。
42歳の自分が実は高校の教師で
なんとか17歳の自分で42歳の自分を演じ上げようと努力するのですが
最初っからめっちゃ上手い事先生やってて
途中なんて普通に42歳に見えちゃって
あんまり17歳っぽさがなかったです。

小さな事件はあるものの、大きな事件はなく
毎日あんなことがあった、こんな事があったの連続でした。
結構ページ数があるので、特に盛り上がりがないのが残念。
暇つぶしにちょっとずつ読み進めるにはちょうど良いかも。

高校生の新田君の超熟女好きの趣味が露呈するのですが
ちょうどフランスの新しい大統領が決まって
奥さんが24歳年上って話を知った時に読んでたので
どんぴしゃの話題で笑ってしまったw
結局主人公は現旦那を選んだっぽいですが。
最後まで読むと、どうも主人公はタイムスリップしたのではなく
記憶の欠如みたいな感じなのですが
もう、どっちでもいいからとりあえず
はよ医者行けと思いましたw

てか、急に自分の嫁もしくは母親が
私17歳なの!って言い出したら
やっぱ普通は医者に行くんではなかろうか…
意外にみんなすんなり受け入れちゃってるんだよねぇ。
17歳を忘れさせるくらい42歳をそつなくこなし過ぎなんだよ。
もうちょっとてんやわんやあってもよかったかも。

星は3つ。
『小説』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 水虫疑惑 | トップ | 秀ちゃんお誕生月 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。