カタスミ

趣味で漫画を描いています。自サイト更新情報メイン。
その他、お絵描き・グルメ・おでかけ・読書などなど。

『神様の裏の顔』藤崎翔著

2017-02-10 22:50:29 | 小説感想
横溝正史ミステリ大賞受賞、選考委員満場一致
いう謳い文句に釣られて買いました。

以下ネタバレあり。

























つくづく思った、この手のあおりに釣られて買った本は外れが多い…
今回も見事に外れました。
全体的に
叙述トリックに憧れたド素人が一生懸命考えて書きました!
という印象。

設定に無理があったり、後出しで実は…みたいな情報が出てきたりで
ご都合主義的な展開が多くて、うーん…と言う感じ。
晴美が溝口と付き合っていた、とかは後出し情報&ご都合主義も良い所だし
さらに大した柔道経験もないのにちょろっと習った肩車で
女が男を担ぎ上げて落とせるもんですかね?ちょっと無理がある。
溝口の遺書を燃やした話も、情報が後出しすぎるし
狙い過ぎてて興醒め。
問題児襲撃事件に関しても、事件現場も子供の特徴も嘘をついてごまかしてましたが
そんなの後からちょっと調べればすぐばれそうだし
子供の水死事件も、これだけたまたま偶然でした、って
何じゃそりゃって感じで。
あ~、もう書くのが面倒になってきましたが
そういった何じゃそりゃ、んなあほな、そりゃ無理あるで
みたいなツッコミを入れる箇所がめっちゃありました。
最後の晴美=友美というオチはほんとひどかった。
多重人格て!なんやそれ!さらに興醒めじゃい!
最後まで読むには読めましたが、面白くなかったです。
星は2つ。
『小説』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ちょいと贅沢に | トップ | ゲットだぜ☆ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

小説感想」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。