tutor.bunko みんなの声

オンライン日本語学習サイト。学習者の皆さんからの感想やつぶやき、何でもOK。みんな、どんどん書き込んでね。

Weblio辞書、便利ですね

2011-07-31 15:23:13 | お役立ち情報
web辞書のおかげで紙媒体の辞書はおろか電子辞書さえ持たなくなってしまった昨今ですが、みなさんはweb辞書としては何をよくお使いですか?

とまとんはYahoo辞書、Goo辞書、アルクの英辞郎、Jim Breen先生のWWWJDic、そしていわずとしれたWikipediaを便利に使わせて頂いております。

で、今回タイトルにあげさせていただいたのはWeblio辞書という辞書の総合サイトですが、とまとんが今まで便利に使っていた各web辞書がまとまって一気に弾けるようなサイトで、ちょっと使い慣れ出すととても便利、ということが分かったのでお役立ち情報の第一弾としてお知らせします。

(もうすでにバンバン使ってたわよ、という方は無視してください)

トップページはここです。http://www.weblio.jp/

いっぱい情報が並んでいるから一瞬ひるんじゃうという人もいるかもしれませんが、とりあえず上段の空欄ボックスに自分が探したい言葉を入れてみてください。

さっき、とまとんは「天国」っていう言葉を入力してみました。(蜘蛛の糸がらみで「天国」と「極楽」の違いを調べていたんです)

言葉を入力して、何も考えずに「項目を検索する」ボタンを押してください。

「天国」だと、三省堂の大辞林の記述が一番上に出て来て、その下に「物語要素辞典」が出て来て、Wikipediaまで出て来ます。
あとニュース記事のタイトルに「天国」が含まれているののリストとか。

次に上のページタグみたいなので、「類語辞典」「英和・和英辞典」「手話辞典」が見えていますよね。そこをポツポツ押してみてください。
出て来ますね、同意語の情報とか、和英辞典いろいろとか。この項目はたまたま「手話辞典」にありませんが、あれば動画で見えます。

もう一度、最初の「辞書」(一番オーソドックスな国語辞典のところ。大辞林の記述が見えるページ)に戻ってもらって、
辞書・類語辞典・英和和英辞典・手話辞典の横一列リストの下にある、
用語解説・ニュース・動画・文献・・・・のところを順々にクリックしてみてください。
へ~って感じでしょう。特に「動画」は便利ですよね。you tubeの動画。「星新一」で検索すると授業で使えそうな動画がぱっと上がってきます。


こんな感じでしばらく遊んでみてください。


とまとんはさっき「長渕剛」を何となく検索してみたんですが、「動画」のところで特攻隊の貴重映像に長渕剛の歌をかぶせた動画を見つけ、思わずみてしまいました。明日から8月ですね・・・


あ、実際に仕事で使った例を言うと、ついさっきアップした「蜘蛛の糸」のココログe-chutaバージョン、作業はweblio辞書を主に使いました。


Weblio辞書の英和・和英辞典は、英作文をする必要のある人なら「英語例文」と「共起表現」というところがすごく役に立つと思います。
この助けを借りて、不慣れなとまとんもぼつぼつfacebookやココログの方で英語で発信しております(恥をしのんで、だけど)。


なんだかんだ書きましたが、インターネットの世界では、いろいろ便利なものが無料で使える時代になり、tomaton_mikanのような予算を持たない個人レベルの活動も可能になってきています。これは「いいこと」であるはずなので、これからもがんばっていきたいと思います。







ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「蜘蛛の糸」について、さら... | トップ | 「稲むらの火」テキストを公... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。