柏の葉STORY

柏の葉周辺の移り変わりを記録しています

140街区のピアノ型用地

2017-05-16 | 柏の葉のプロジェクト

(拡大版)  google地図より

パークシティ柏の葉 2番街の北側に辻中病院と公設市場の駐車場になっている場所がありますが、この場所は140街区となっていて、関係者の間では「ピアノ型用地」と呼ばれています。

柏市の報告書の抜粋です。

(拡大版)

この資料によると、このピアノ型用地は柏市土地開発公社が先行購入している土地で、将来柏市に30億円で売却を予定している場所のようです。

 

以前、柏市立 柏病院の移転の候補地の一つとしても検討されていた場所で、この資料では土地開発公社から柏市が24億円で購入するという記載もありました

(拡大版)

ちなみにこの表の【2】の「柏北部中央区画整理事業区域内」となっている場所がこんぶくろ池自然博物公園の隣に小学校用地として予定されていた土地のことのようです。

(拡大版)

2号調整池(アクアテラス)も整備されてきたのでこの場所もきれいな景観になることを期待しています。

柏市の購入がない場合には民間に売却することもあるのでしょうか?

今後の展開を見守っていきたいと思います。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 柏たなか病院跡のマンション... | トップ | 国立がん研究センター NEXT »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ポートランド流 (みずいろのわさび)
2017-05-16 17:57:30
140街区、面白い形だなとは思っていましたが、確かにピアノっぽいですね!

この春、山崎満広『ポートランド 世界で一番住みたい街をつくる』(学芸出版社)を読みました(開店直後の柏の葉T-SITEで見つけました)。

ご存知かもしれませんが、後半のポートランドのまちづくりを輸出する章に柏の葉が出てきまして、作成されたコンセプト・マスタープランで140街区は「北側に調整池を望むコミュニティセンター」となっています。本自体もとても興味深く、勉強になりましたが、実際にはどうなるんでしょうね。

コンセプト・マスタープランは2014年3月に三井不動産に提出されました。市の「平成26年度 包括外部監査の結果報告書」とどっちが後というか、優先なのかは分かりませんが、山崎さんは今後も柏の葉のまちづくりに関わってくれるようです。
住みたい街にしていくために (はっぱ)
2017-05-17 21:28:29
みずいろのわさび さん いつもありがとうございます。

ポートランドのまちづくりはいろいろと勉強になりそうですね。

この140街区はもともと公益施設の配置を想定して柏市土地開発公社が購入し、柏市が買い戻しをする予定だったのかなと思われます。
ただし、この場所がコミュニティセンターとして最適かどうかはあらためて考えてみる余地があるのではとも思っています。

柏の葉キャンパスだけでなく、柏ビレッジや柏の葉1~3丁目、田中地域など周辺からもバスで駅まで来てすぐに利用できる場所に配置することなどで多くの人から愛される場にしていくことができるのではと考えています。

街のシンボルとなる公益施設≒コミュニティセンターがどこにあってほしいかを考える時期に来ているように思います。
範囲 (みずいろのわさび)
2017-05-17 23:57:33
こんばんは、お返事ありがとうございます。

ふと思ったのですが、イノベーションキャンパスの中だけで(もしくは中心に)考えているために、あの位置になった可能性はないでしょうか。コンセプト・マスタープランの範囲にも駅東口の149街区を含んでますけど、コミュニティセンターは駅前にふさわしくないと考えられたのかもしれません。

あくまで今思ったことですけど……。
そうですね (はっぱ)
2017-05-18 21:14:20
みずいろのわさび さん コメントありがとうございます。

たしかにそんな風に見えますよね。
ちょうど140街区はイノベーションキャンパスのまんなかに位置しています。

柏の葉(イノベーションキャンパス)だけが発展するのではなく周辺地域のことも考えて多くの人がサービスを享受できるようにすることで、より多くの市民の理解を得ながら公益施設の整備を行っていくことができるのかなとも思っています。

大勢の人が利用する駅前に市民活動の中心となる施設があることはごく一般的なことでしょうし、その地域の人々の考え方を示す街のシンボルとなるでしょう。

どこがその場所として適しているのか、どんな機能がそこにあってほしいのか、みんなの夢を集めて形にしていくことができたらいいなと思います。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。