カシメルマンはBARにおるんちゃうか

≪プラモ大好きカシメルマンのこだわりと大生のだらだらブログ≫


(小さい写真はクリックで拡大)

「プロメテウス号 《SECT.4》」

2017年07月29日 | 製作日記 プロメテウス号
↓これはコミック本編に出てくる“レーザー作業船”と呼ばれる機械。
ストーリー中重要なキャラクターと思ったのでアクセサリーとして作ってみた。

↓えーと、で塗装に入ります。
イメージ的に「白い船体」と聞いているのでベース色に選んだのは
クレオス97番(灰色9号)。1番の真っ白けにするよりなにかと
落ち着いてみえる色なのだ。…ここは手っ取り早くスプレー缶を使用。

↓船体表面のモールドに沿って色の微妙な明暗を付ける
“パネル塗り分け”を適当にちりばめる。
ある程度の巨大感の表現には持って来いなのだ。

↓パネル色は2~3種くらい追加した方がそれらしくなる。
殆どはベース色にちょっと黒を混ぜたり白を混ぜたりの同類色で、
ごくタマに写真矢印部のような微妙に茶系に
振った色(分かり難いかも)を置いてみる。するとなんか
「お、ココは強度的に他と材質違ってるのかな?」
みたいなリアル感がでる気がする。

↓エアインテイク状の形はこんなセパレートになってたので
接着前に奥面にブラックを塗り、上からルーバー部品を着けた。
塗り分け省きのおおちゃく技だf(^^)。

↓ブリッジの上と前の面は黒っぽい色をしているらしい。
窓部分をグロスブラックで仕上げるつもりなのでその部分は
やや濃い目のグレーとしておいた。

↓…んーん、こうしてみるとクレオス97番でもまだ明るすぎるような
気がしないでもない。コミック本編は当然白黒刷りなのでイメージは白になる
けど、カバーイラストでは薄紫だったりセールカラーのような色だったり。
つまり周囲の状況からの反射色だと云うことなのかなあ。


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「プロメテウス号 《SECT.3》」 | トップ | 「プロメテウス号 《SECT.5》」 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL