カシメルマンはBARにおるんちゃうか

≪プラモ大好きカシメルマンのこだわりと大生のだらだらブログ≫


(小さい写真はクリックで拡大)

「プロメテウス号 《SECT.2》」

2017年07月12日 | 製作日記 プロメテウス号
梅雨も明ける前からずいぶん暑いですね。
モデリングも扇風機にあたりながら根性でやる感じ。

↓殺風景さがなくなる程度にスジ彫りを加工。
出来るだけ各部品がバラバラな時にやっておく方がやりやすそうだし。
コミック画では全体にもっと細かめに無造作なパネルラインが入ってる。
これ以上やるかどうかはまた後で考えるとして…。

↓そうそう、今回スジ彫り用のタガネを改めて購入しようと思ってたら
ストックのエッチングツールにこんなのが付いてるのに気が付いた。
試しに使ってみたら案外綺麗に細く深いミゾが入ったりする。
「…これで充分やなあf(^^」とちょっと儲けた気がした。

↓船首部品の下面に大きな三角形の凹あり。
この部品はズンベラボンだったがここはなにやらゴチャメカが付いている模様。
コミック画にならってプラ板等で工作。

↓パラボラの集合体のようなアンテナが両翼に付いている。
因みにこれはパラボラ2個分の部品を十字に組み合わせる形にしてくれていた。
翼との接合部が不安定な形なのでプラチップを挟み込んで
真鍮線で差し込む構造にしたのな(脱着可能)。

↓ゴム型での成形時の都合か、主要部品間の接合部の段差が大きくて
調整にやや難儀していました。主翼は取り付けると先端が胴体底より
低い位置になるので作業中平らなところに置けず今は未接着状態。
今回写真のように真鍮線でデコパージュに取り付けたのでこの後接着する予定。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「プロメテウス号 《SECT.1》」 | トップ | 「プロメテウス号 《SECT.3》」 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL