Nordic Walking Club 柏の葉

「気持だけ ポールを持てばアスリート」
ノルディックウォーキングなら、いつもの散歩がスポーツに!

自転車でしまなみ海道へ 尾道

2017-07-23 | 自転車
広島も梅雨明けし、連日30℃を超える暑さに。
折角新10ステップの講習を受けましたがが、ノルディックウォーキングする元気がありません。
自転車で風を切った方が涼しいかな?と思い、土曜の朝、まだ気温が上がらない内にロードバイクで初めてのロングラン。
尾道から渡船で向島へ。

渡船乗り場はいくつかありますが、ここには渡った先に映画「あした」(映画は見たっことないのですが)のロケで使用した建物が移築されています。

向島は西側の海岸線を走ります。
まだ7時過ぎで暑さはほどほど。
因島大橋まですぐに到着

因島は多少海岸線から離れるコースなので、多少のアップダウンはありますが、体力にはまだ余裕。
一気に生口橋まで。

生口島まで来ると、反対方面から来る自転車ともすれ違うようになりました。
単独のロードバイクは、すれ違う時にちょっとだけ頭を下げて行きます。
山での「こんにちは」のようなものでしょうか。
自分もロードバイク乗りとして見られていると言うことで、真似しました。
瀬戸田の中心でフェリー乗り場に行こうとしたら、高根島の橋に出てしまったので、渡ってみました。
以前、ノルディックウォーキングで1周しようとしたら、トンネル工事で折り返すことになった島です。
トンネル前後は山道できついこと・・・
手掘りのトンネルと聞いていましたが、コンクリート造りで綺麗になっていました。
島の人には便利になったのでしょう。
海岸線は気持ちいいです。

サンセットビーチは既に海水浴客が出ていました。
「海に入りた~い」と言う気持ちになりますが、ドルチェのジェラートで身体の中を冷やして、眺めるだけです。

多々良大橋を潜り、島を周回します。
ロードバイクは路面の凸凹が直接手足に伝わると感じていましたが、島を3/4程度回ったところで、突然のガタガタ。
後輪の空気が抜けています。
降りて触ってみると、完全に空気がありません。
このまま乗るのは無理そうなので、ここまで来て歩くことに。
尾道まではまだ20km以上。
生口橋下のフェリー乗り場に行けばどこかへ渡れるかと目指しましたが、何と土日は運休!!。
因島のサイクルオアシスを目指して再び歩きはじめます。
通りかかった軽トラに声を掛けられ、「橋を渡るから」と言ってサイクルオアシスまで運んでもらいました。
「自転車のタイヤが潰れたのが見えた」と言われ、普通の人も自転車乗りを迎え入れていてくれるのだと感謝です。
サイクルオアシスになっている喫茶店「菜のはな」さん。

仏式バルブ用のポンプを借りて、空気を入れてみましたが、入る気配無し。
時間が掛かっていたので、マスターが声を掛けてくれました。
修理工具があると言われとものの、ママチャリのパンク修理は経験がありますが、ロードバイクでは自信も無く、近くの自転車店を聞くと「島走レスキュー」のチラシを出して頂き、連絡先を教えて頂きました。
お世話になったのにお茶もせず、次は寄らしてもらいます。
「バイクルセンター京丸」さんへ電話すると、軽トラで迎えに来て頂きました。

チューブが少し裂けているとのことで、チューブ交換に。
パンクから修理完了まで、援助のリレーにより、帰路に着けました。
本当に皆さんに感謝の1日でした。
何があるか判らないので、情報とお金の準備が必要と感じた初ライドでした。




ジャンル:
自転車
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« JNFA 新テキスト研修会 ... | トップ | 朝の高原をノルディックウォ... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL