校長室だより

千葉県立柏井高校~松戸市立旭町中学校~県立松戸国際高校長が触れた、生徒や教員の活動風景や、私自身の雑感をお伝えします。

学校の環境整備~PTAと技能員さん

2017年05月15日 05時26分34秒 | 日記
昨日、PTA総会の様子をお伝えいたしましたが、前会長の平野さんは3歳上のお子さまが通学されていた時から、通算6年にわたるPTA役員としてのご活動でした。長年にわたり本校の変化をご覧になられてきた平野会長。ご挨拶では松国生の心もちの温かさ、校風の良さを強調されていらっしゃいましたが、平野さんがおっしゃるからこそ、真に迫って伝わってきます。そういえば以前、平野会長とお話をしていた時のこと。お子さまは2人とも吹奏楽部のOBなのですが、実は吹奏楽部にはOB会なるものがあり、有志が集まって老人ホームなどの慰問演奏をされているとのことでした。松国生の温かい心情や仲間意識の強さは、そうしたエピソードからも感じられますね。6年間の締めくくりにあたる昨日の総会は、平野さんにとっても格別な思い出の時間だったのではないでしょうか。

学校の環境整備については、平野さんを中心として役員の皆さまが、毎回の会議で熱心に協議をしてくださいました。昨年の卒業生からは大型テレビ2台、今年は製氷機と紅白幕を。さらに体育館ステージ脇の幕の新調や茶室・国際交流棟の和室の畳を張り替えていただくなど、同窓会とともにPTAの皆さまのご協力で着実に環境改善が進んでいます。また、そうした物品の購入だけでなく、心強いのが学校技能員の榊原さんと鈴木さんの存在。昨年、張り替えていただいた教室の傷んだタイルは400枚にも及びました。今、教室の新しいタイルはすべて、お2人が手作業で貼ってくださったものです。さらに校内の古びた壁の塗り替えで管理棟はすっかり明るくなり、雨漏りも止められてきました。また今年も入学式は大雨になりましたが、直前に通路の屋根が修繕され、新入生に安心して入場してもらうことができたのも記憶に新しいところ。そうしたご尽力に、生徒会の卒業生が感謝の気持ちを込めて届けたのが、卒業式にご参列いただく招待状です。皆の晴れ姿をご覧になられたお2人は、たいへん感激されていました。夏は暑く、冬は寒い作業が続きますが、榊原さんと鈴木さんにはお元気で、今後とも学校の環境整備を支えていただけることを願っています。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 第1回授業参観&PTA総会 | トップ | 東京都心のお祭り風景 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。