校長室だより

千葉県立柏井高校~松戸市立旭町中学校~県立松戸国際高校長が触れた、生徒や教員の活動風景や、私自身の雑感をお伝えします。

最高! 松国スーパートリオの演奏~♪

2016年09月18日 05時35分00秒 | 日記
ジャンルに限らずコンサートなどに行った時、演奏に感激してCDを買って帰り、自宅で楽しむことがあります。しかし、家でじっくり聴きなおしてみると「あれ?」と、そのギャップに戸惑うことも。コンサートでは観客の反応も含めて、独特の空気が流れているのですね。その意味では、昨日ご紹介した中西くん、関口くん、横山くんが届けてくれたCD『Sky』は出色でした。私が文化祭で会場に足を運んだ時は、ちょうど中西くんが熱演している最中。たちまち私は『中西ワールド』に引き込まれていったのです。タイトル曲『Sky』は彼のオリジナル曲のようですが、抜けるように青い空を彷彿(ほうふつ)とさせる透明感あふれる演奏は、CDでも生で聴いた時の感激そのままに、体のすみずみに沁み込んできました。


この時、私がイメージしたミュージシャンが、日本を代表するジャズピアニストの小曽根真氏。私が大好きなプレーヤーの1人で、何枚かCDを持っているのですが「小曽根真が空から降ってきたみたいだったよ」と言うと、中西くんは「この間、直接レッスンを受けました!」と、目をきらきら輝かせていました。この話も、私にとっては驚きでしたが、確か小曽根氏だったでしょうか。「ニューヨークの街角を歩いていると、とつぜん空からメロディーが降ってくることがあります」というエピソードを、どこかで読みました。国際的な演奏家(中西くんに教えてもらい知りましたが、今は国立音大で教鞭を執る教育者でもある)として活躍する小曽根氏のように、いつか中西くんも、世界を股にかけるミュージシャンに成長していったら素敵ですね。頑張ってください。

そしてバックを務めた関口くんと横山くんのリズムセクションも良かった! 関口くんは横山くんともども正確なビートを刻み、ピアノを引き立たせながら曲の世界を広げていきます。横山くんにしては、控えめな? 印象を受けたのは、やはり2人の先輩への遠慮もあったのでしょうか。いずれにしろ実に心地よい音楽で、何度も何度も聴き返してしまいました。素敵な時間を捧げてくれた3人に、あらためて感謝いたします。
※写真は『松耀祭』の軽音楽部・ステージ。3枚目は後夜祭の風景ですが、ステージ狭しと縦横に動き回りながらベースを弾いていた横山くんの姿が印象的です。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 松国スーパートリオに、酔い... | トップ | 女子テニス部~県大会進出! »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。