校長室だより

千葉県立柏井高校~松戸市立旭町中学校~県立松戸国際高校長が触れた、生徒や教員の活動風景や、私自身の雑感をお伝えします。

変わる大学入試~問われる思考力、対策は?

2017年05月18日 05時24分04秒 | 日記
一昨日、現中3生が大学入試に臨むときに、現在のセンター試験が大きく変わるということが報道されていました。とくに注目を集めていたのは、二つの要素でしたでしょうか。一つは思考力を問う問題が増えるということで、記述式の問題が出題されるということ。以前から採点側の負担が指摘されていましたが、民間事業者に委託する方向で解決を図られるようです。そして英語についても、民間の検定を活用する案が有力で、英検やTOEICなどが話題に上っていました。こうした動きに対して、すでに小中学生向けの塾が対策を立て始めているということで、その動きの速さも格好の話題となっています。では現在の高校生にとって、こうした入試改革は次世代の話で、関係ない問題なのでしょうか。
短期的にはないように思えますが、中長期的に見ればないわけではありません。というのも、社会人になってから、思考力が鍛えられてきた後輩たちが同僚になると思えば、少なからぬ影響は出てくるわけです。さらにそれだけでなく、そうした動きを先取りして、今の入試も思考力を問う問題が重要視される傾向も見逃せません。入学式でも話しましたが「どうしたら、日本は太平洋戦争を避けられたか、あなたの考えを述べなさい」という問題が昨年、出題されて話題になりました。そこで、思考力をつける方法論なども取りざたされていますが、では思考力を鍛えるためには何をすればいいのでしょうか。
私は、遠回りのように見えて「本を読む」ことが一番の早道だと考えています。とりわけ『優れた思考力を備えた人の、考えるプロセスをたどる』ことが、最も効果的なのではないでしょうか。なぜなら思考は技術ではないからです。例えば他の分野でも、プロフェッショナルの技を身につけるために、手軽な方法論などはありません。もしあるのだったら、多くの人が容易に同じ境地へ達しているわけですから。したがって、そのプロが身につけたやり方を丁寧になぞっていくことが、より近づくためのアプローチだと思うのです。考えるプロが、一つの結論を導き出すために、どのような思考をたどっていくのか。ぜひとも『本を通して体感していくことが、自らの思考を鍛えてくれるのだ』という確信を持って、1冊でも多くの本を手にしてください。ちょうどこの報道があった一昨日、私が薦めた本を読んだ2人の生徒と会話をしました。それは『ソロモンの指輪』『ガウディの伝言』。いずれも高校生にとっては簡単な本ではありません。しかしながら、2冊の名著の内容をしっかりと汲み取っている感想に、頼もしさを覚えました。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『生きる力』をつけるカリキ... | トップ | 3年生最後の大会に向けて~... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。