校長室だより

千葉県立柏井高校~松戸市立旭町中学校~県立松戸国際高校長が触れた、生徒や教員の活動風景や、私自身の雑感をお伝えします。

弾ける松国魂!~体育祭2016・後編

2016年10月11日 05時20分56秒 | 松国のユニーク
昼食をはさんで後半、応援合戦で幕が明けるといっそう気持ちも昂(たかぶ)り、グラウンドは異常な興奮状態に包まれます。そして最初の極めつけが、3年生のてんこもリレー。昨年にはなかったタイヤ引きが新たに加わり、各チームの足自慢、力自慢が激突します。時には大外からぐいっと抜き去る場面も見られ、激しいデッドヒートが繰り広げられました。

ただ、引き手に選抜された女子は大変でしたね。同じ笑顔でも、引く側とタイヤに乗る側のそれとでは傍目にも『笑顔の質』が違い、苦労が思いやられました。観戦していた1・2年生女子の中には来年、自分がどちらの側に回ろうか、早くも算段をした生徒がいたかもしれません。各クラスとも、来週から出かける修学旅行に向けて、いちだんと団結力が高まったことでしょう。

そして3学年が一体となっての綱引きも圧巻でした。1年生・2年生が中心となったチームに声援を送る、3年生の眼差しが真剣そのもの。時には3年生中心のチームを倒す場面も見られ、ここでも1年生は存在感を発揮しました。それにしても、完全優勝した白組のパワーは圧巻でしたね。仲間も応援するというより、半ばあきれ顔で立ち尽くしていました。

そして大トリのクラス対抗リレー。リレーのランナーは他競技で活躍した選手が多く、この頃にはへとへとになっていたのではないでしょうか。しかし、どこにその力が残っていたのかと思わせるほど、激しいトップ争いを演じたのは大したものです。写真でアンカーへのバトンパスの場面を振り返ってみると、2位になったF組だけでなく、1年生は3クラスとも高レベルの争いだったのですね。

表彰では、3年I組とそのI組が加盟する白組がコールされ、2度の雄たけびが青空に響きました。もちろん体育祭は勝利が目的ではありません。表彰はされなくとも、クラスが一体となり、そして競技中の端々で残されたエピソードは、一人ひとりの記憶に残ったことでしょう。とくに3年生にとっては、忘れられない思い出になったことを願っています。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 弾ける松国魂!~体育祭20... | トップ | 体育祭2016~番外編 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。