校長室だより

千葉県立柏井高校~松戸市立旭町中学校~県立松戸国際高校長が触れた、生徒や教員の活動風景や、私自身の雑感をお伝えします。

男子バレーボールの成長~関東大会予選

2017年04月24日 05時16分25秒 | 日記
楽しみにしていたバレーボールの関東大会予選、バスケット、バドミントンとともに体育館競技の大会を迎えると、今年度のスポーツが始まったな、ということを実感いたします。前日は1勝1敗。しかも強豪の西武台千葉高校相手に1セットをもぎ取ったところに、男子バレーボール部の成長ぶりがうかがわれます。昨日は2試合勝てば県大会進出という局面を迎え、応援にもいちだんと力が入りました。

初戦はこの日の第1試合、やはり少し堅さがあったのでしょうか。互いに小さなミスを交えながら、目まぐるしく点の取り合いが続きます。10-10、15-15、23-22というスコアが接戦を現していますが、最後は寺田くんがスパイクを叩きこんで第1セットを取りました。続く第2セットも5-5、10-10と第1セットを再現するような展開になりましたが、6連続失点の後、ブロックポイントを取るも7連続失点と、あっという間に11-23。そして13-24と相手のセットポイントを迎えました。ここで一方的に終わらず、5連続得点で意地を見せて、点差を詰めたのが第3セットにつながります。

第3セットは序盤こそ5-5と、前2セットと同じような始まり方でしたが、ここから松国シックスにエンジンがかかります。飛び込んで拾う球際の強さも見せ10-6、15-11、20-14と順調に点数を積み重ね、最後は25-17と危なげなく乗り切りました。こうしてみると「あの第2セットは何だったのだろう?」と思いたくなりますが、松国男子バレー部は何とも不思議なチームで、1セットごとに強さを発揮するのです。県大会の出場権をかけた2試合目もそう。強豪の馬橋高校を相手に第1セットは13-25と一方的な劣勢となりましたが、2セット目は中盤までリードして、タイに持ち込みそうな勢いでした。残念ながら最後は力負けしてしまいましたが、代表チームと互角に戦える力は十分に備えています。ここ数か月の急成長を思えば、まだまだ伸びしろはあるはず。3年生最後の総体では、すべてのセットで強さを見せてほしいと願っています。頑張れ、松国男子バレーボール部!

※昨日はバスケットボールも地区予選に臨んでいましたが、久能先生から「連勝して県大会進出です!」とのメールをもらいました。「長~い冬を乗り越えて、良いゲームができるようになりました」との言葉も添えられていましたので、県大会を楽しみにしています!
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 引き継がれる、松国スピリッツ | トップ | それぞれの、キャリアディベ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。