校長室だより

千葉県立柏井高校~松戸市立旭町中学校~県立松戸国際高校長が触れた、生徒や教員の活動風景や、私自身の雑感をお伝えします。

最先端ビジネスの息吹に触れる

2017年03月22日 05時18分59秒 | 日記
昨日、ヤフー株式会社の松崎哲也さんから、最先端ビジネス現場のお話をいただく機会がありました。『情報革命で人々を幸せに~情報の信頼性とメディアリテラシー』という演題の講演。いきなり冒頭から「インターネットは人々を幸せにすると思いますか」という問いが、生徒に突き付けられます。そして「今日の話に正解はありません。私も考え続けます。一緒に考えましょう」という流れで、情報革命の現場で起きている事象の実例を交えて、話題が展開されていきました。生徒諸君と同世代の、新大学1年生と新高校2年生のお子さまがいることもあって、手に取るように気持ちがわかるのでしょう。一言ひと言を繰り出すたびに、ぐいぐいと心に迫っていきます。

「集合知」「情報の信ぴょう性」「表現の自由」「剽窃(ひょうせつ)」「著作権と肖像権」「メディアリテラシー」などなど、情報社会におけるキーワードが次々と示され、生徒へ問いかけられていきました。生徒諸君は最初から最後まで熱心に聴き入り、時折りうなずいてはペンを走らせます。1時間に及ぶ講演で、松崎さんが途中「うつむいている人もいるけど、眠くなったかな?」と気にしていましたが、眠っていたのではなく一生懸命メモをとっていたのですね。その証拠に、講演が終わった後にたくさんの質問が出ましたし、生徒の感想文もびっしり埋まっていました。何枚かの感想を読んでみましたが、一様にマスがびっしり埋められ、しかも反応する箇所が人それぞれです。これこそ、松崎さんが狙っていた「自分自身で考え、答えを出していく」ことの成果ではないでしょうか。また情報の扱いに対する厳しさと、洗練された発表内容や態度から、プロの凄みを感じたようでした。私もゆっくり、集められた声に目を通していきたいと思います。会社は今、年度末で最も忙しい時期ですが、松崎さんには本当にありがとうございました。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 胸躍るドン・ウインズロウの世界 | トップ | おめでとうございます~今年... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。