校長室だより

千葉県立柏井高校~松戸市立旭町中学校~県立松戸国際高校長が触れた、生徒や教員の活動風景や、私自身の雑感をお伝えします。

引き継がれる、松国スピリッツ

2017年04月23日 05時27分23秒 | 日記
今年もまた、この季節がやってきました。金曜日から土曜日にかけて、国際交流棟で『リーダー研修』が行われたのです。これは、言ってみれば松国のリーダーになるための『イニシエーション(通過儀式)』。生徒会の役員をはじめ、新2・3年生のホームルーム委員長などが、新入生各クラスの代表に対して、リーダーとしての心得を伝授する行事です。

会が始まった直後、様子を覗きに行くと4つの班に分かれて『アイスブレイク』をしていたところ。簡単な自己紹介からカードゲーム、クイズなどで緊張をときほぐしていました。私の足がくぎ付けになり、動けなくなった班でやっていたのは『嘘当て?』クイズ。自己紹介の言葉を3つ披露し、その中に1つ混じっている『嘘』を言い当てるというルールです。それぞれの個性が見事に表れ、簡単に嘘を見破られる人もいれば、巧みにだまし切る人もいて、私も笑いの渦に巻き込まれました。YTK会長はなかなか役者ですね。また自己紹介では、公演の案内をする軽音楽部員がいて「宣伝してる~」とからかわれていました。前顧問の中村逸作先生について「本当に良い先生でした」と、中村先生が残していったステージがあるという話を披露してくれたので、ぜひ見に行ってみたいと思います。

その後、しばらくしてから再び足を運ぶと、ちょうど夕食が始まる時間帯でした。食堂の入口で出くわしたOKMTさんが「めっちゃ、楽しいです!」とはじける笑顔。「何が楽しい?」「全部です! 真剣な話をする時と、リラックスするときの切り替えがすばらしく…」と、すべての時間が充実している様子です。研修の2日間で、きっとみんなの気持ちが通じ合えたことでしょうね。卒業生の武内前会長と井浦前副会長も顔を見せていましたが、リーダーとしての心得を伝授する場面もあったことと思います。遠からず準備が始まる松耀祭を皮切りに、学校活動の中心になって活躍するメンバーの姿が目に見えるようでした。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 深まる絆~ウドンガ&松国 | トップ | 男子バレーボールの成長~関... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。