柏市自閉症協会

柏市自閉症協会の広報ブログです。

障害支援区分についての勉強会ご報告

2017-07-31 10:07:39 | 小さな勉強会
【勉強会のご報告 】 障害支援区分についての勉強会を開催しました
 7月13日(木)13時30分より、教育福祉会館 2階和室で 「障害支援区分」についての
勉強会を開催し、当協会の会長である細田さんから「障害支援区分とは何か」「区分に
よって何がどのように変わるのか」など、詳しく説明していただきました。

 成人になった方の中には、障害支援区分の認定を受けられた方も多いと思います。
福祉サービスについて大事な役割となっている支援区分ですが、私たちにとっては”調査項目”や”見方”がとても難しく、よく分からない事も多かった実情がありました。

そこで今回は、3年前から柏市障害支援区分等審査会の委員として審査会に出席している細田さんから、「障害支援区分の概要」と「認定調査項目」についてそれぞれご説明いただき、個別の質問にも応じていただきました。

※厚生労働省のHPをご覧ください※
障害者総合支援法における「障害支援区分」の概要や認定調査項目(80項目)を公開しています。
秋には、介護保険などの勉強もしていきたいと思います。詳しくは次号でお知らせします。
9月14日(木)は定例会を行います。多くの会員の方の参加をお待ちしています。
定例会:9月14日 午後1時30分~3時 場所:柏市教育福祉会館2階 和室

 ★参加者の声★

・障害支援区分の定義や支援の度合い、また手続きの流れを説明していただいて、勉強になりました。

・子どもに支援が必要な場合は、「特記事項」のそれぞれについてしっかり記述できるよう、日頃から子どもの状態をよく把握しておく必要があると思いました。

・療育手帳の判定が変わるのとは違い、障害支援区分が変わると言う事は、本人が利用できるサービスの内容が大きく変わってくるので、周囲の人間がどれだけ本人を良く理解しているかが重要。
 「まだまだ先のこと」と思わず、しっかり子どもと向き合っていきたいと思った。

・認定調査の項目が、以前は「身体障害」中心になっていたのが、今は「行動障害」に
 ついても34もの項目があり、発達障害や自閉症のある人への支援も広がっているのが
 分かって安心した。

この記事をはてなブックマークに追加

7月の勉強会ご報告

2017-07-31 10:02:01 | 小さな勉強会
 【 小さな勉強会 】 7月13日(木) 10:00~12:00  教育福祉会館2階和室 にて
 7月の勉強会には13名の保護者と支援者が1名参加しました。

進路に関する悩み・学校生活・将来の自立など、それぞれの悩みを話した後、
「スケジュールの活用」や「家庭学習」について先生からアドバイスをいただきました。


★ 9月の「小さな勉強会」のご案内 ★  
※8月の小さな勉強会はお休みです※

 長いようであっという間の夏休み。
お子さんと過ごした時間の中で見えてきた新たな課題、
今のお子さんにとって必要な支援とは何か・・・。先生と一緒に考えてみましょう。

  日時■9月7日(木) 10:00~12:00 
教育福祉会館 2階 和室 
参加費■¥500 (先着12名) 駐車場代 別途

  申し込み・お問い合わせ ■柏市自閉症協会ブログ内「こくちーず」より
8/10(木)12:00からの申し込みになります。

この記事をはてなブックマークに追加

第159回発達障害サポーター研修会のご案内

2017-07-20 18:54:28 | 地区情報
​​第159回発達障害サポーター研修会のご案内
主催 柏市発害者支援協議会(KDDS)/ 協力 柏市
事務局 社会福祉法人青葉会 地域生活相談センター シャル


H29年8月18日(金)19時から20時40分
柏市教育福祉会館 2階 大会議室
(柏市柏5-8-12 04-7164-2911:柏市役所と柏市立図書館の間の茶色い建物です)

-----(今回の話題です)----------------------------------------------------------------------
「保護者の応援!~ペアレント・トレーニングin柏 の取組みについて」
基礎講座 髙木 絹代さん(柏市こども部 こども福祉課)

髙木絹代さんは柏市の保健師です。母子保健&高齢者支援に携わったのち、こども福祉課家庭児童相談担当、柏市保健所地域健康づくり課を経て、平成29年4月よりこども部次長兼こども福祉課長として着任されました。サポ研を主催する柏市発達障害者支援協議会(KDDS)の世話人副代表です。
これまでサポ研では、発達障害についての基礎講座を繰り返してきました。その中でご本人に対する理解や対応を学んできましたが、現場ではご本人だけでなく保護者支援の大切さにも直面します。
柏市こども福祉課では、子育てに困難さを感じている保護者を対象に、こどもの行動に焦点を当て接し方を学ぶペアレント・トレーニングのプログラムを開催しています。髙木さんよりその取組みの様子と参加者の変化について伺います。そして、フロアの皆さんと一緒に「保護者支援」について考える機会にしたいと思います。初めての方もリピーターの方もご参加ください。参加費は無料です。
--------------------------------------------------------------------------------------------------
★ ご質問・お問合せは 地域生活相談センター シャル まで
tel: 04-7126-0015 fax: 04-7197-5190  メール: shall@aobakai-js.or.jp
​​

この記事をはてなブックマークに追加

夏休み親子イベントのお知らせ

2017-07-13 13:26:48 | お知らせ
夏休み親子イベント
★ 理科大に行ってみよう ★

 暑い日が続きますがみなさんいかがお過ごしですか?
もうすぐ夏休み!理科大オープンキャンパスを大学生と一緒に探検してみませんか?
きっと良い夏休みの思い出になることでしょう。
🌻 🌻 🌻 🌻 🌻 🌻

日時:平成29年8月10日(木)9時半から12時
集合:運河駅改札前 9時半
場所:東京理科大学 野田キャンパス
申込:こくちーず
    http://kokucheese.com/event/index/477465/
先着 親子10組



大学生ボラさんとお子さん1対1で探検します。
その間 親御さんは自由行動(歓談、一緒に回る、見学など)12時解散

この記事をはてなブックマークに追加

6月の勉強会 ご報告

2017-07-02 08:32:30 | 小さな勉強会
 【 小さな勉強会 】 6月8日(木) 10:00~12:00  教育福祉会館2階和室 にて

 6月の勉強会は「進路」をテーマに絞った公開講座。早い時期からの申し込みも多く、定員の20名を超える申し込みがありました。
講師には高畑先生に加え、教育研究所から指導主事の山口祥子先生もお招きし、それぞれの専門分野からじっくりとお話しを伺うことができました。

 お子さんの所属は幼稚園から大学までと幅広く、保護者の方たちの「進路」への関心の高さを
実感するとともに、多くの方が早い時期から情報を求めていることも分かりました。

  ★ 進路に関する懇談会 報告 ★ 
 懇談会では、参加者から事前に寄せられた質問に対して、先生方から柏市の現状を
教えていただいたり、個々の質疑応答でも丁寧な説明・解説をしていただきました。
 「支援級の”知的学級”と”情緒学級”の違いは?」「中学校での学習内容・高校受験の
選択肢は?」「義務教育後の相談窓口は?」「高校卒業後の就労形態は?」など、具体
的な質問が多く、参加者は熱心にメモをとっていました。


 ★ 参加者の声 ★
・子どもの将来に対して漠然と不安だけを感じていましたが、今回の懇談会に参加して
 進学について具体的なお話しを伺うことができ、とても参考になりました。
・高校受験に関して、普通科や専門学科などたくさんの選択肢があることが分かりました。
・小学校選びから就労まで幅広い内容で、実際の経験談も交えて話を聞くことができて勉強になりました。
・「高校進学」と「療育手帳」の関係について知識があいまいでしたが、今回の懇談会でやっと理解できました。
・将来について、具体的なビジョンが見えてきました。何事も早めの情報収集が重要だと思いました。
・「どの学校にいれるか」よりも「本人がどこに行きたいか」が大事というお話しが重く響きました。本人が高校で何をしたいのか、卒業後社会の中でどう自己実現していくのか、子どもの「障害特性」を見極めて、「本人の意思」を重視して考えていきたいと思いました。
・高畑先生の「根っこ」のお話しに胸が熱くなりました。親として心構えもしっかりしていきたいです。

この記事をはてなブックマークに追加