柏市自閉症協会

柏市自閉症協会の広報ブログです。

平成29年度 小さな勉強会 日程

2017-03-29 20:27:38 | 小さな勉強会
平成 29年度 「小さな勉強会」 日程

勉強会は 毎月 第 2木曜 午前10時から です

 2017年
■4/13(木)
■5/11(木)
■6/8(木)
■7/13(木)
(※8月はお休みです)
■9/14(木) 
■10/12(木)
■11/9(木)  
■12/14(木) 
 2018年
■1/11(木)  
■2/8(木)   
■3/8(木)

(※)予定が変更になる場合は、会報・ブログ「こくちーず」等で随時ご案内します。

この記事をはてなブックマークに追加

3月の勉強会 報告

2017-03-29 20:24:13 | 小さな勉強会
【 3月の小さな勉強会 ご報告 】 3月9日(木)教育福祉会館 2階 和室にて

 今年度最後となる3月の勉強会には、高畑先生と 10名の保護者、1名の支援者が参加しました。
簡単な自己紹介の後、それぞれの目下の悩みを相談し、先生や先輩保護者からアドバイスをいただきました。

  (小5 の保護者)皮膚感覚の過敏が強く、日常生活につまずきがある。
   更衣や排泄など、生活スキルを身につけるにはどうしたらいい??
  (小3 の保護者)中学受験を考える場合、親はどんなサポートすればよい?
  (小4 の保護者)
 いよいよ春には5年生!!林間学校の2泊3日を楽しくすごすための支援は? 見やすい「しおり」を作る?荷造りは?何から手をつけたらいい?? (TーT)
 これから迎える春休みと新学期。いつもと違う毎日、今までと違う環境に強い不安を感じ、調子を崩すお子さんも多くなる時期です。
親も子も、リラックスできる環境を整えながら、新年度スタートに備えましょう。

 「プロフィールシート」や「サポートブック」の準備はできていますか?
是非この機会に有効活用して、学校や地域に ”良き理解者” を増やしていきたいものです。
また 4月の勉強会でお待ちしています。

来年度も「参加して良かった!」と思っていただけるような勉強会にしてきたいと思います。(役員一同)

この記事をはてなブックマークに追加

4月13日の勉強会 申し込みはこちら

2017-03-10 16:33:08 | 小さな勉強会
4月の小さな勉強会は4/13(木)10:00から12:00まで
柏市福祉会館2階和室でおこないます。
4月は自由懇談です。

春、進級、進学など 新しい環境での生活が始まります。
みんなで話し合って、毎日の暮らしを楽にしていきたいですね。
ご参加お待ちしております。

申し込みはこちらからどうぞ
http://kokucheese.com/event/index/458270/

この記事をはてなブックマークに追加

3月の勉強会 お申し込みはこちらから

2017-03-04 19:58:20 | 小さな勉強会
★ 3月の「小さな勉強会」のご案内 ★

3月9日(木) 10:00~12:00 
教育福祉会館 2階 和室にて 参加費 ¥500 (どなたでも参加できます)

今年度最後の勉強会です。
春からのお子さんの新生活に向けて、準備はできていますか?
新入学や新しい職場など、「いつもと違う」環境でお子さんが感じるストレスを、少しでも和らげてあげるには・・・。
お子さんにフィットした支援・環境調整のためにできることは何か、先生と一緒に考えてみましょう。

  昨年11月のワークショップで作成した「サポートブック」は完成しましたか?
 2月の勉強会に参加された方 チャレンジしたお手伝いの「結果報告」もお待ちしています!
お申し込みは「こくちーず」からどうぞ
http://kokucheese.com/event/index/453331/

この記事をはてなブックマークに追加

2月の勉強会 報告

2017-03-04 19:53:32 | 小さな勉強会
【 小さな勉強会 ご報告 】 2月9日(木) 10:00~12:00 教育福祉会館にて

親子でチャレンジ!! 「自立」 を育むお手伝い

 2月の勉強会には、高畑先生と 8名の保護者、また事業所からも2名の支援者が参加しました。
先生からテーマである「自立を育むお手伝い」について説明を受けた後、
どんなお手伝いなら取り組めそうかを各自が考えました。
また、それぞれが「作戦」を立てて、お手伝いが成功で終わるための「事前の準備」や、お手伝い開始の
「きっかけ」、「手順」「お楽しみ」についてシートに書き込みました。

 計画通りに進まなかった時は、「原因」を分析。うまくいくように新たな「手立て」を考える・・・という流れの繰り返し。
日常生活の中で、「お手伝い」を通して「ありがとう」を言う機会が増えると良いですね。

 「お手伝い」は情緒面や社会性の育ちにもつながります

 ★自分でできた、褒められて嬉しい → 自信 ・ 意欲
 ★自分の興味だけでなく、やるべきことを行う → 自律
 ★他者のために自ら行動する、責任を果たす → 働く力・社会における役割意識
 ★他者の活動や気持ちを知る → 他者への感謝

【 参加者アンケートより 】

・お手伝いは夏休みなど長期休暇しか取り組んでいませんでしたが、具体的に内容を絞って取り組んでいきたいです。

・本人の年齢や能力によって、お手伝いの内容(質)を変えていくことが必要なのだと分かりました。

・今、子どもが「出来ていること」と、これから「やらせてみたいこと」を、きちんと整理して考えたいと思いました。

・子どもにお手伝いを頼む前に、家の中を整理整頓し、本人に分かるように伝えるための準備が必要だと思いました。

・「まだ出来ない」と決めつけずに、本人に分かりやすい手順を示して、出来ることからチャレンジしたいと思いました。

・「褒めて終わる」ために、出来るようになったお手伝いでは、どのように支援を減らしていくかを考えたいです。

・子どもが自信をもってレベルアップしていくためには、毎日の積み重ねと成功体験が重要なのだと痛感しました。

・子どもが成長してくるとご褒美にも困ります。

この記事をはてなブックマークに追加