柏市自閉症協会

柏市自閉症協会の広報ブログです。

成人青年部懇談会のお知らせ

2015-11-30 09:53:11 | お知らせ

 【 青年・成人部より 】 
柏市自閉症協会 懇談会のご案内
 
柏市障害福祉課 小川課長、柏市障害者相談支援室 石田室長をお招きして、柏市の自閉症・知的障害者支援について
お話を伺います。

詳しくは 会報11月号の別紙をご覧の上、同封のハガキにてお申し込みください。
学齢期の方もお待ちしています。

■日時:平成28年 1月13日(水) 午前 10:00~12:00   
■場所:柏市中央公民館 4階 集会室 2

この記事をはてなブックマークに追加

11月の勉強会 報告

2015-11-30 09:36:15 | 小さな勉強会
【 小さな勉強会 】 11月 12日(木) 10:00~12:00  松葉ハウスにて
 11月の勉強会には、高畑先生と10名の保護者が参加。
簡単な自己紹介をした後、それぞれが最近の悩みについて話しました。

クラスメイトやお友達との関係・授業態度や学習面でのスキル・衣服へのこだわり・余暇の過ごし方など。
お子さんにどんな支援が必要かを、参加者全員で考え、先生からもアドバイスをいただきました。

★ 今月の話題 ★  
まずは100%の支援から・・・ 

 私たちの目には「問題行動」に見えても、その根っこの部分に「本人のニーズ」が隠れている事があります。
本当は何を求めているのでしょうか?
本人の願いは?
もしも言葉を話す事が出来たら、一体何と言ったでしょうか?

 ダメな事はもちろんダメなのできちっと伝えますが、その後に「どうすればいいのか」、本人がすべき「適切な行動」を
必ず示しましょう。
失敗を恐れるあまりついつい先回りしがちですが、保護者が子どもの前に立ちはだかってしまったら、本人が経験するチャンスすら奪ってしまいます。

 支援は常に子どもの後ろから・・・子どもたちの気持ちに寄り添って、まずは100%お手伝いしてでも、出来たことや
頑張れたことを褒めていきましょう。
成功体験を積み重ねていけば「自分でやってみたい」と言う気持ちも芽生えます。

この記事をはてなブックマークに追加

柏市教育委員会との懇談会 報告

2015-11-30 09:31:08 | その他

柏市自閉症協会の会員で、学齢期のお子さんをお持ちの方を対象に行った「学校教育に関するアンケート」の結果をもとに、11月9日 沼南庁舎において、教育委員会との懇談会を行いました。

柏市自閉症協会からは、会長を含む4名がが出席し、進級・進学の際の「引き継ぎ」に関して、また「ライフサポートブック」の普及や活用についても話し合いがもたれました。

 今後は、12月2日に柏特別支援学校長との懇談会を予定しています。
特別支援教育について、保護者の立場から
要望をお伝えできる大変貴重な機会です。

是非、会員みなさまの声をお聞かせください。

この記事をはてなブックマークに追加

今月の勉強会は11月12日(木)です

2015-11-06 11:05:39 | 小さな勉強会
 
★ 11月の「小さな勉強会」のご案内 ★
11月12日(木) 10:00~12:00 松葉ハウスにて 
参加費 ¥500 (どなたでも参加できます)
 (申し込み・お問い合わせ) 
TEL/FAX  04-7152-0395    
E-mail : trwwd381★ybb.ne.jp
(★を@に かえてください)

 朝晩めっきり冷え込むようになりました。何かと行事の多いこの時期、夏の疲れを引きずる体にはこたえますね。日頃からの
体調管理はもとより、かかりつけの病院やインフルエンザ等の感染症への備えなど、保護者同士で情報交換をしませんか?

小さな勉強会では、同じ悩みを持ち寄って話し合いながら、毎日の生活を楽に楽しくなるように考えていきます。
ぜひご参加ください。

この記事をはてなブックマークに追加

児童部アンケート

2015-11-02 12:49:59 | その他
★ アンケートへのご協力 ありがとうございました ★

 児童部では、教育委員会との懇談会での資料とするため、
学校教育における「引き継ぎ」 に 関するアンケートを作成・送付いたしました。

柏市自閉症協会の会員で、学齢期のお子様を お持ちの方を対象に行った今回のアンケートの結果をもとに、11月9日に柏市教育委員会と懇談会を行う予定です。

 アンケートでは、お子様に関する「特別な支援・配慮」について、
 ①学校や学級担任に伝えているか
 ②どのようなタイミングで伝えているか 
③どのような形で伝えているか
 ④教員間あるいは学校間で、お子さんへの支援に関しての「引き継ぎ」が、うまくいっていると感じるか
 ⑤サポートブックのように、項目別に記入する書式があったら、活用してみたいと思うか 
などお尋ねしました。


 【アンケート結果】 
学齢期のお子さんをお持ちの保護者の方 14名より回答がありました

①学校や学級担任に伝えてる 
  → YES 14名 (多くの方が「個人面談」の際に、口頭もしくは保護者記入の書類などで学校や担任に伝えていました)

④「引き継ぎ」が、うまくいっていると感じるか → YES 6名 ・ NO 6名 ・ どちらとも言えない 2名
(NOと答えた方の意見)学校全体としては理解を得られていると感じる一方で、担任が変わるたびに同じ説明をしている。
サポートファイル等を渡しても、細部まで目を通してもらえているか疑問。教員間でも温度差があるように感じると言った意見も。

⑤サポートブックを活用してみたいか → YES 11名 書くのは大変でも生育歴からまとめたものは記録としても必要。
担任や 支援者が変わるたびに同じ説明をしなくても良いので使ってみたい。
統一された書式があるならそれを使用したい。と言った前向きな意見が多かった一方、あまりに量があると先生方が目を通して下さるか心配との声もありました。

 ★ 教育委員会との懇談会について ★
 
柏市自閉症協会では、毎年1回、教育委員会との懇談会を行っています。
特別支援教育について、 教育委員会の先生方と面談の場を設け、児童・生徒を取り巻く現状について報告し、保護者の要望を
お伝えするなど、継続して問題提起をしています。

是非、保護者の皆さんの声をお聞かせください

この記事をはてなブックマークに追加