Kashimo Sky Walkers   ~加子母の自然歩き~

岐阜県:加子母の自然紹介ブログです。

小秀山 H29.04.22-23

2017-04-25 | 小秀山(春)
4月22日・23日、秀峰舎の小屋開け作業を行ないに行って来ました。
 
今年は例年になく寒い日が続いており、4月に入っても夫婦滝に氷が付いていました。
その後一気に暖かくなり、また大雨も降ったりと、雪融けが進みました。
この時期の渓谷の水は、雪解け水でエメラルドグリーンで大変綺麗です。

登山道沿いでは、ショウジョウバカマもあちらこちらでみる事もできます。

4月7初旬に氷瀑だった夫婦滝も、普段の滝となりました。

夫婦滝を過ぎ、第一展望台、第二展望台、カモシカ渡りへと進み、
残雪もなく夏道となっています。
国有林境・三ノ谷ルート分岐まで行くと、残雪が現れました。
そして、兜岩への急斜面。日の当たる場所は雪がないものの、
斜面にはたっぷりの残雪があります。
アイゼンは使いませんでしたが、心配な方はお持ちになった方が良いかと思います。

兜岩到着。

兜岩を過ぎると稜線歩き。一気に残雪の量も増えます。
早朝は雪もしまって大変歩きやすいです。
登山道からは、御嶽山や秀峰舎をみる事もできます。

第一高原を過ぎ、第二高原へ向かう樹林帯は、登山道もわかりにくく、
足跡もあちらこちらにあり、道迷いをしやすいので注意が必要ですね。

その後も、残雪の上を歩いていきます。
残雪の高さで視界も高くなり、夏場とは違った風景を楽しむ事が出来ます。

残雪の斜面を登り切ると、秀峰舎が現れます。
冬季利用ができなかったトイレも、本日から利用できるようになりました。

秀峰舎を利用された方は、ぜひ清掃協力金をお願いします。
協力金は、秀峰舎の維持管理・トイレ用品棟等に利用されています。
また、トイレを利用された方は、ハンドルを回して撹拌作業を必ず行ってください。

御嶽山も雪融けが進んだようです。

秀峰舎で一夜を過ごし、翌日は登山道を整備しながら下山してきました。
ゴールデンウィーク前に小屋開け作業が済みました。
多くの登山者が残雪期の小秀山を楽しみに登りに来ることでしょう・・・
安全第一で、無理のない登山を楽しまれるといいですね!
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 夫婦滝がまだ・・・【H29.04.... | トップ | 中学小秀山登山の下見 【H29... »

コメントを投稿

小秀山(春)」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL