かしわ演劇祭 -略すと、かしげき-

千葉県柏市で演劇を観ちゃおう。やっちゃおう。

かしげき2017実行委員会からのご挨拶

2017-10-28 10:20:24 | 進行状況


🍎🍎
かしわ演劇祭実行委員長の小川です。
かしわ演劇祭にご来場頂きましたお客様、参加してくださった団体、お手伝い下さった方々に厚く御礼申し上げます。
ありがとうございました!!!!!!!!

今年のかしげきは2年ぶりの開催となり、開催前から団体は集まるのか?お客様は来てくださるか?という不安でいっぱいでした。
また、開催前や開催中の作業も過去に関わったときより多くの作業があり、終始バタバタしており開催を迎えた喜びを感じる暇もありませんでした。

ですが、集まった団体の交流の様子や、予約満席の回に当日チケットやキャンセルを待つお客様がたくさん来て下さっていた様子、終演後に役者とお話しする様子、表彰式にたくさんのお客様が残って下さった様子を見て、団体やお客様に楽しみにしてもらえていた、楽しんでもらえたとやっと感じることが出来ました。

演劇を楽しんで頂くこと、どんな団体や役者がいるか知って頂くこと、お気に入りの作品を見つけて頂くこと、芝居をやる糸口になること、それらに少しでも力を貸すことが出来たのであれば、やって良かったと心から思います。

本当にありがとうございました!!!!

かしわ演劇祭実行委員長
小川真樹

🍎🍎
実行委員の橋本さほりです。
第3回から音響として参加して参りましたが、今回は加えて実行委員として初めて運営に関わり、音響としての目線だけでは見えなかったかしわ演劇祭を見ることができました。

1年以上の時間をかけて企画をし、かしげきをより良いイベントにするために頭を悩ませてきました。結果至らぬ点も多々ありましたが、皆様に支えて頂きながら開催に漕ぎ着けることができ、たくさんの方々にご覧いただけたことを心から嬉しく思います。

参加団体、スタッフの皆様、クラウドファンディングのご支援者様、開催にご協力・応援してくださった皆様、そしてご来場頂いた全てのお客様に御礼申し上げます。本当にありがとうございました。

🍎🍎
実行委員の後藤です。
一昨年までは団体名「AB【a:be:】」として5年間、
このかしわ演劇祭に出演してきました。
それが今年は運営する側に回って関わったのですが、
何人かの方に「やっぱり出たいでしょ?」と言われましたー

劇団へ参加をお願いするところから始まり、顔合わせを行い、未完成の段階で大まかな流れ見せてもらい、仕上がり前の芝居を全体に披露する「全体通し」を経て本番に臨んだ団体の皆さんの姿に、僕はとても感動しました。
実行委員をやったからこそ、少しづつ立ち上がっていくこの様子を見ることが出来ました。

ーそれを思うと、投げかけられた質問には「う〜ん、今年はこれで良かったのかも」というのが今の正直な気持ちです。

参加団体や関係者の皆さん、そしてご来場頂いたお客様、誠に有難うございました。
「かしわ演劇祭」がもっと柏市に根付いていくよう、これからもどうぞ宜しくお願い致します。

🍎🍎
かしげきが終わり、一ヶ月経ちました。
本当に時が経つのは早いものですね。

改めまして、実行委員若松です。

かしげき2017に参加、観劇いただいた皆様へ。
たくさんの団体様、たくさんのお客様に支えられ、かしげきを開催出来ました事、深く感謝いたします。
本当にありがとうございました。

終演までの間、運営面は至らない点ばかりで大変失礼を致しました。

実行委員は本当に大変でしたが、私自身はとても充実した期間を過ごさせていただきました。
役者側からは見えない、スタッフ側のかしげきを経験させていただきました。
ありがとうございました!

このかしげき実行委員会は来年の開催に向けて、実行委員を募集しています。
また来年素敵なお祭りが開催されるよう、皆様のご協力が必要です。

我こそはという有志の方、ご連絡お待ちしております。
どうぞ来年もよろしくお願いいたします。


🍎最後に、前回までかしわ演劇祭の実行委員長だった鈴木洋輔さんー

今年2年ぶりにかしげきが復活しました。
かしげきは、「かしわ演劇祭」だったり、「柏演劇祭」だったりと呼ばれ、「かしげき」だったり、「カシゲキ」だったり、「かし劇」だったりと略される知る人ぞ知る、年に一回くらい柏で開催される演劇のお祭りです。
2011年の12月に僕と何人かの思いつきによって開催され、5年連続やったところでお任せしました。ぶん投げました。
必要なものは残るし、そうでないものは無くなって然るべき。
今年の開催は、新たな実行委員によって、イチから考えて創られました。
別に無くても良くね?いやあってほしい。誰もやらないなら自分達がやるしかない。
今年の実行委員全員の意地と熱意に拍手!本当にお疲れ様でした。

願わくば、かしげきが多くの人に必要とされ、自分事として関わってもらえるお祭りになる事を期待します。

ほんとお疲れ様でした。

🍎🍎
🍏
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« お詫びとお知らせ | トップ |   
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

進行状況」カテゴリの最新記事