かんちがい

、かも知れないけど、思いついたことを書いていく、ヤマサキタカシの日記です。

5.先生に希望を伝える

2017年04月23日 | 舌がん治療
CTを撮った後、その結果をふまえてもう一度入院前に診察を受けることになっていました。
そこで手術を受けない、ということを伝えることにしました。
念のため証人じゃないですけど母にもついてきてもらうことにしました。

一字一句を覚えてはいませんが、会話としては下記のような感じだったでしょうか。
文字で書くとスラスラしゃべっているようですけど、私は基本口下手なのと、めちゃめちゃビビっていたので、実際にはしどろもどろな感じだったと思います。


先生「CTの結果でも、転移はしていませんでした。良かったですね。」

私「はぁ、ありがとうございます。」

先生「では、○日から入院ということで、」

私「そのことなんですが、」

先生「はい」

私「しゃべりづらくなるということに抵抗があるので、手術はしないで、経過観察ということにしていただきたいのですが…」

先生「えっ…(しばし絶句)…(怒り気味に)それはどういう理由からですか?」

私「趣味で歌ったりするので、しゃべりづらくなるのはちょっと…あと、健康診断の結果などの数値も悪い箇所が多いので、まだ自分自身で努力できるところもあるんじゃないかと…」

先生「しゃべりづらくなると言っても、ほとんど変わりませんよ」

私(え?)

先生「手術をしないと死ぬかもしれないんですよ!癌がひどくなって死ぬことになっても大丈夫なんですか?」

私(どう答えろと…)「大丈夫…だと思います」
(でも、上皮内癌はほとんど転移しないって言ってなかったか?あと切っても癌が見つからない可能性もあるとも言ってたよね?)

先生「お母さんはどうなんですか?息子さんが手術しないでもいいんですか?」

母「私は手術して欲しいと思いますけど…自分で決めたようですから、それを応援しようかと」

先生「うーん」


と、1年前のことなのでかなり省略したところもあると思いますが、だいたいは上のような会話が繰り広げられたのち、最後には先生の方が折れてくださいました。

本の体験記を読んでいると、私のやり方に従えないのならもう来なくていい、とか言う医者もいるらしくて、実際そう言われる覚悟もしていました。

が、心配なのでちゃんと1ヶ月ごとに診せに来てください、と言われ、説明には納得いかないところもあったけど、基本的には誠実な先生だったんだたなぁ、と感じました。


というわけで、経過観察の日々が始まることになりました。



『闘病』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 4.リサーチを始める | トップ | 6.経過観察の日々 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL