バレミアン期の化石

白亜紀前期、バレミアン期の化石、

クチベニガイの一種

2017-01-04 14:15:47 | 日記
仕事始めは化石始め。
現世にもクチベニガイ類は、沖合の海底に生息しています。
白亜紀前期では一部の種を除いて汽水域に多く見られると化石図鑑に書いてありました。



これは、石堂層からの産出なので海生層です。もしかしたら一部を除くの中に該当しているのかも知れません?。
殻頂は、左上で殻表には、目立った彫刻等は無く、同心円肋が見える程度です。
光線の具合でどちらか見やすい方と思いましたがどちらも?です。



Pulsidis sanchuensis

石堂層
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« Heterocerasの一種 | トップ | オニツノガイの一種 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。