バレミアン期の化石

白亜紀前期、バレミアン期の化石、

プテロトリゴニア・ホッカイドアナ

2017-02-22 10:14:39 | 日記
石堂層から良く産出されるプテロトリゴニア・ホッカイドアナです。



産出量は多いのですが標本になるようなモノは少なく、大概は、一部が壊れていたり、変形が激しいモノが多いようです。クリーニングの良し悪しも関係するかも?。



暦の上では春になっていますが山は、凍りついています。一部の林道では崖が崩れて通行不能の所もあります。目的地に向かっている時に、自分が通り過ぎた後で、崖が崩れて林道が埋もれ帰れなくなる事があるようです。
行きは、良い良い帰りは、どうしましょ?。

Pterotrigonia (P) hokkidoana

石堂層
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 石堂層のオウムガイ | トップ | ヘテラステル・マクロホルクス »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。