バレミアン期の化石

白亜紀前期、バレミアン期の化石、

ザミテスの一種

2016-10-15 12:35:42 | 日記
ベネチテス目のザミテス・ブッキアヌス、石堂層の産出です。

ザミテスは大型の植物です。
今回のモノは、羽身全体では無く、先端の一部分ですが、見つけたモノは小さい幼葉でした。


幹の部分も近くから出ました。





石堂層は、深い海・・・・・ザミテスが海に流され、アンモナイト、二枚貝等と一緒に深場に落ち、ゆっくりと砂や泥で堆積された事でしょう。

Zamites buchianus sp

石堂層
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« テトリア・サンチュウエンシス | トップ | 瀬林層のプテロトリゴニア »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事