バレミアン期の化石

白亜紀前期、バレミアン期の化石、

ザミテスの一種

2016-10-15 12:35:42 | 日記
ベネチテス目のザミテス・ブッキアヌス、石堂層の産出です。

ザミテスは大型の植物です。
今回のモノは、羽身全体では無く、先端の一部分ですが、見つけたモノは小さい幼葉でした。


幹の部分も近くから出ました。





石堂層は、深い海・・・・・ザミテスが海に流され、アンモナイト、二枚貝等と一緒に深場に落ち、ゆっくりと砂や泥で堆積された事でしょう。

Zamites buchianus sp

石堂層
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« テトリア・サンチュウエンシス | トップ | 瀬林層のプテロトリゴニア »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。