バレミアン期の化石

白亜紀前期、バレミアン期の化石、

プテロトリゴニアの一種

2017-05-18 12:13:14 | 日記


石堂層の露頭から採集したプテロトリゴニアが入っている母岩です。
これで、見て判ると思うのですが実際、何処に化石があるのか良く判りません。この様な母岩から化石を取り出す作業も含めて化石のクリーニングと言います。
化石採集も大変ですがクリーニングの作業も難しい事なんです。こんな事は殆どの方は判っている事なんですが、一部の方は博物館に陳列されているような化石が目の前にあると思っているようでこの様な母岩を見ても反応が無く、「化石は無いですね」とおっしゃいます。そんな時は、説明する気も無くなって黙ってしまいます。

これは、クリーニングが終わった、プテロトリゴニア・ポシリフォーミスのAタイプです。



こんな状態で化石が転がっている事は無いです。



欲深く、採集量が多いとリュックに入りきらなかったり、重さで足がついていけずに山道で転げ落ちるなんて事もあるんです。

Ptrotrgoia pocilliformis  typeA

石堂層
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ザミテスの一種とシダ化石 | トップ | サンチュウ・イタヤガイ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。