バレミアン期の化石

白亜紀前期、バレミアン期の化石、

瀬林層のオウムガイ

2017-04-25 16:07:00 | 日記
瀬林層からオウムガイが出て来るとは思ってもいなかったのですが2種、採集する事ができました。 種名は判りませんが大きいタイプの破片と小さなオウムガイです。



左側のオウムガイの破片に刻まれている模様(?)になります。細かな条線が確認できればヘミナウチルスになるのですがこの部分にはありません。



右側の小さいオウムガイは、今迄見た事が無い種のようです。

とりあえず、種名が?なので、オウムガイ科までになります。


Nautilidae

瀬林層

つい先日まで冬だったのに、この数日は、初夏のようです。
あっという間に季節が変わったようで、春が有った筈なのに、春は、何処かに行ってしまったんですね。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ラステルム・カリナータム | トップ | クラドフレビスとザミテスの一種 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事