バレミアン期の化石

白亜紀前期、バレミアン期の化石、

ラステルム・カリナータム

2017-04-18 13:40:29 | 日記
石堂層で多産するのカキの一種、ラステルム・カリナータムです。



カキの類は集団で生活している様ですが、このラステルムも密集して産出する所を見ると{やはり}なのかと思います。

採集については、化石本体が脆い状態が殆どなのでここかなと思ったら露頭をハンマーで直接叩くのはやめて、タガネを旨く使い「そっと」取り出すようにすると壊さないで採集する事ができます。



この様な状態なのでクリーニングは、できません。

バレミアン期で消えたので産出地は限られています。

Rastellum (A) carinatum

石堂層
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« プテロトリゴニアの一種 | トップ | 瀬林層のオウムガイ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。