バレミアン期の化石

白亜紀前期、バレミアン期の化石、

ゾウクラゲガイ

2017-07-13 10:59:33 | 日記
軟体動物門腹足綱、ゾウクラゲガイの一種です。
石堂層の産出です。今回のゾウクラゲは小さいタイプ(子供?)が二個、保存されています。が右側のモノは変形が著しく殻がずれている気がします。 左のモノは良好な標本になります。



少しだけのクリーニングで良しとしました。



猛暑日が続いています。露頭の化石も陽に焼け、日当たりの良い所では熱くなっていて素手では持てないんです。卵焼きができるかも?。

Brunonia annulata

石堂層
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« シュードハプロセラスと標本箱 | トップ | プチコマイア・デンシコスタータ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。