骨董・古物のワールド

陶磁器、紙、裂、金属、塗、木、石、絵葉書、切手、現代史、満洲、軍事、宗教、文化、風俗などに関連する資料の御紹介

美人を描いた画家3 猪熊源一郎 カテゴリー: 絵葉書 美人   No. 734

2017-04-23 13:07:24 | 絵葉書 美人

 こちらの勘ぐりかもしれませんが、画家は売る絵と描きたい絵の分裂があるのではないかと想像します。この絵は空間の配置に緊張があり、かなり書きたい絵だったのかもしれません。すくなくとも自分のアトリエを再現して、後世にその雰囲気を残したたかったのではないかなどと妄想しております。それにしても名人と言われる方は何を書いても上手ですね。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 戦時色溢れる菓子袋  カテ... | トップ | 昭和12~14年の戦勝気分の絵... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。