骨董・古物のワールド

陶磁器、紙、裂、金属、塗、木、石、絵葉書、切手、現代史、満洲、軍事、宗教、文化、風俗などに関連する資料の御紹介

神社仏閣の世界11  相模の国の大雄山の道了大権現 カテゴリー: 民衆宗教 No. 640

2017-02-12 06:59:12 | 民衆宗教

「神社仏閣の世界」のシリーズを再開いたします。少し材料が集まりましたので、勉強しながらUPしてまいります。大雄山最乗寺のご本尊は烏天狗の御顔を持ち白狐の上に乗り火炎を背にしている道了大権現でございます。本日はやっとの思いでご紹介させていただきました。上部についている金属製の団扇型のトレードマークは天狗様の関係を示してございます。宗教世界は深うございます。なかなかアクセスが困難でございます。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 満洲最北端の黒河市よりの絵... | トップ | 仁丹のある風景5(道頓堀パー... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。