骨董・古物のワールド

陶磁器、紙、裂、金属、塗、木、石、絵葉書、切手、現代史、満洲、軍事、宗教、文化、風俗などに関連する資料の御紹介

伊万里染付花文大甕  カテゴリー: 古伊万里染付(大正時代)  No. 886

2017-07-29 12:08:40 | 古伊万里染付

 さて、伊万里と古伊万里は大違いでごさいます。古がつきますと江戸時代、只の伊万里は明治時代以降となります。それで、カテゴリーがこれ以上増やせませんので、便宜上、古伊万里に入れておりますので、ご了承下さい。

 時代は大正時代でございまして、祖父が大正から昭和初期に使用していたものでございます。当時はこれに水を入れて、随時使用していたものと聞いておりますが、もはや見た人は〇知でございます。

 現代では通常の使い道はこれにメダカなどを入れて楽しむのでございます。当家も同じことでございまして、水草を少し入れてメダカ君が15匹いらっしゃいます。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 格子模様のそば猪口  カテ... | トップ | 京陶人形の龍文香合  カテ... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。