骨董・古物のワールド

陶磁器、紙、裂、金属、塗、木、石、絵葉書、切手、現代史、満洲、軍事、宗教、文化、風俗などに関連する資料の御紹介

古裂を小さく切って作った縞帳  カテゴリー:古裂   No. 851

2017-07-01 08:47:20 | 古裂

 もちろん、反物を販売する人の販売した大事な記録かもしれません。着物店の販売のカタログという可能性もあります。あるいは織物の製作者の記録として、または着ていた人の着物の記念品としてなどなど、いろいろな可能性のある御品でございます。しかし、用途ははっきりはしていないようでございます。

 中には、悪質な偽物もあるそうでございます。プロの方がみれば、手織りか機械織りか糸の製作法など一目で分かるそうでございます。しかし、なあーんにも分からずに集める私は〇〇みたい。それにしても昔の着物の模様は縞模様が基本であることがお分かりになりますでしょう。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 布袋様の根付  カテゴリー:... | トップ | 哈爾濱の街角の仁丹広告16 ... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。