骨董・古物のワールド

陶磁器、紙、裂、金属、塗、木、石、絵葉書、切手、現代史、満洲、軍事、宗教、文化、風俗などに関連する資料の御紹介

印度の更紗の版木   カテゴリー: 亜細亜の民具  No.510

2016-11-26 11:12:07 | 亜細亜の民具

 

 一見して分かることは木の質がなにか日本の木の質とは違いやはり南方系の木であろうと感じました。ですがけっして柔らかい木の質ではありませんで、硬い木の質でございます。いろいろ模様がありましたが、この御品が一番まとまりがよろしいのでもとめました。

 

 模様は一種の花唐草模様あるいは家紋であろうかと思いますが、グルグルと廻りながらエネルギーを発しておりまして、熱帯地方の濃密な情熱が感じられます。もしも、同じ模様の古裂が見つかりましたら、なんとか求めたいものでございます。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 象牙の薄片が付いたナイフ ... | トップ | 満洲・撫順炭鉱の石炭石で出... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。