骨董・古物のワールド

陶磁器、紙、裂、金属、塗、木、石、絵葉書、切手、現代史、満洲、軍事、宗教、文化、風俗などに関連する資料の御紹介

張家屯奉仕隊(開拓団)の葉書  カテゴリー: 満蒙開拓団  No. 881

2017-07-23 15:02:42 | 満蒙開拓団

 満蒙開拓団の資料も少しですが、集まってございますので、UPしてゆきたいと存じます。

 まず張家屯の所在地でございますが、哈爾濱から松花江に沿って東に直線距離で116Km参りますと木蘭県になります。鉄道はございません。木蘭の中心に木蘭郵便局があり、さらに奥に張家屯がございます。張家屯に郵便局が無かったので、多分、最も近い木蘭街郵便局に持ち込んだものと想像されます。

 言うまでも無く、満蒙開拓団は兵農一体の組織でございまして、ソ連の攻撃に備えた満洲最北の国境線付近に沢山設置されました。張家屯奉仕隊は農業と軍事の拠点でございました。したがって終戦時のソ連軍の侵攻を受けた際の損害も極めて大きなものになりました。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 昭和13年の上海楊樹浦の情景(... | トップ | 東京大型ボタ印のエンタイア(... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。