東京都中小企業診断士協会中央支部認定!「稼げる ! プロコン育成塾」ブログ

東京都中小企業診断士協会中央支部認定マスターコース「稼げる!プロコン育成塾」のブログ。経営・ビジネスに役立つ情報を発信

理想的なM&Aとその現実

2017-05-15 15:12:29 | 16期生のブログリレー

16期の貝井です。

私はM&Aを専門としております。

先日、某金融機関から、顧客のM&Aを手伝ってほしい、という依頼をいただきました。

守秘義務がありますので詳細は書けませんが、「70代の経営者が経営する事業を引き継ぐにあたってどのような手続きが必要か」という30代の若手経営者からの相談でした。

若手経営者は大手企業でその事業に関わった経験があり、ぜひその事業に進出したいと考えていました。しかし、許認可を受けることが容易ではなく進出できないでいました。

一方で、70代の経営者は自分の限界を意識し、引退を考えていました。

そんな二人がとある会合で意気投合し、70代経営者から「事業を引き継いでくれないか」と依頼された、とのこと。

このM&Aが実現すれば、関係者に以下のようなメリットが見込めます。

①現経営者は悠々自適に引退
②若手経営者は念願の許認可事業に進出
③顧客はフットワークの軽い若手経営者に交代することによるサービスの向上
④従業員は雇用の安定

関係者すべてがハッピーになり、まさに、このような場面でこそM&Aを用いるべき、とすらいえる理想的なM&Aです。

しかし、そうは問屋は卸してはくれません。

というのも、事業そのものがかなり傷んでいることが窺われました。

この事業を引き継いではたして利益が出せるのか、というのが問題となりました。

若手経営者には「まず、事業の現状を把握して収支計画を作ってみましょう」とアドバイスしました。

事業承継やM&Aに事業再生は切り離せない、と実感した私なのでした。 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2年目に解決したい4つの課題 | トップ | 「稼プロ!」1年の振り返り »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
いい仕事をしていますね。 (鴨志田)
2017-05-17 16:35:55
若手経営者への承継が上手く進むといいですね。
やりがいのあるお仕事をされている様子が伝わってきました。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。