たまごのなかみ

毎日 元気に機嫌良く♪

アカサカサカス!

2008年07月09日 10時16分14秒 | 観る
正しくは、赤坂サカスですね。「アカサカサカス」って なんだか早口言葉みたいだけど、‘サカス(sacas)’って‘サーカス(circus)’に由来するんじゃなかろうか...。とは 勝手な解釈。

で、赤坂のTBS周辺が 赤坂サカスとして整備されてから初めて 東京メトロ赤坂駅の3番出口を出ました。お友だちとかもめです。



《キャスト》
藤原竜也 鹿賀丈史

美波
小島聖
藤田弓子
勝部演之

麻実れい

《スタッフ》
作:アントン・チェーホフ
演出:栗山民也
翻訳:沼野充義
美術:島次郎


19世紀末、帝政ロシア崩壊前夜...
あらすじは、こちら

私もいい年していますから、名のある作品は 一度は観ておきたい!! 
舞台の奥行きを活かした広がり感のある装置。幕開きの 庭に組まれた芝居の舞台...という装置は シンプルで美しい。室内の場面に転換の後は、庭の場面から引き続き奥行きや動線は活かされているものの 装置としては少々面白味に欠ける。

それにしても、母親役の麻実れいの存在感は圧倒的です。台詞回し 声のトーンの豊かなバリエーション、そして動きの美しさ...目を惹きます。 藤原竜也のトレープレフは あまりにも現代の青年にみえるけど、新たな面も引き出されていた様な気がします。なにより、今回は 友人との観劇で 久し振りのお喋りも楽しくて、誘ってくれてありがとねぇ~~  ご飯も美味しかったしね

シンガポール海南鶏飯 赤坂店

海南鶏飯(ハイナンチーファン)950
スープで炊いたタイ米のご飯が めっちゃガーリックで美味しい
鶏肉は‘蒸し’と‘揚げ’の二種類からチョイス
三種のタレ[ガーリック][生春巻きのタレっぽいヤツ][黒酢ベース]もナイス
赤坂ACTシアターのチケット提示で ドリンク(500円まで)サービスあり


それにしても、19世紀末のロシアでは これを‘喜劇’と位置づけるか...。確かに、思っていたより笑いの起こる台詞は多いけど、20世紀から21世紀に掛けて生きる日本人の私には、悲劇にみえるんだけど...。悲劇だろ?
そうか、こいつが『かもめ』のニーナか...。いかんナ...。イカンだろ...君。

***************

納涼歌舞伎 第三部(紅葉狩 / 野田版 愛陀姫)
赤坂大歌舞伎(江戸みやげ 狐狸狐狸ばなし / 棒しばり)
確保!
『演劇』 ジャンルのランキング
コメント (10)   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 実習に行きます | トップ | マニアックだとは思いますが... »
最近の画像もっと見る

10 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (れこりん)
2008-07-12 20:59:45
わぁ~またまた美味しそうなお料理ですこと!
今度はシンガポール料理でございますかぁ
香草は入ってないのかなぁ?
maumiさんは大丈夫ですか?
れこりんさんへ (mayumi)
2008-07-13 09:47:13
パクチーは、一枚だけ乗っかってましたかしらん?
ワタクシ、大丈夫で御座います。

お芝居の前に ニンニクたっぷり摂ってしまって、
友人と二人 客席で、さぞ芳ばしい香りを放っていたことと
思います

でも、美味しかった
え、喜劇!? (あやか)
2008-07-13 23:20:19
こんにちは。お邪魔します。

え、喜劇だったんですか!?
ばっちり悲劇だと思っていたのですけど・・・
笑いのあるセリフが多かったのは
日本向けの演出なのかと思ってました。驚き。

またお邪魔させて頂きます。
ようこそ あやかさん (mayumi)
2008-07-14 08:05:26
あやかさん、ようこそお越し下さいました。

私も ちょっとビックリしたんですけど、「四幕喜劇」らしいですョ!
財布と相談しながらの観劇で、なかなか本数を沢山観に行くのは
難しい私ですが、これからもよろしくお願いします。
Unknown (ぴかちゅう)
2008-07-15 02:17:14
私は千穐楽で1階席を奮発したので、元をとろうと戯曲を2回読んで予習した効果があったのか、千穐楽だったからよけいによかったのか、かなり楽しめました。ぜひ、戯曲を読まれることをおすすめします。
それとこちらの記事でシンガポール海南鶏飯、私も食べたいとお店に行きましたが、いっぱいで入れませんでした。ロビーがあまりに狭いのにも閉口。この劇場はよほどの作品でない限り、敬遠決定です(^^ゞ
ぴかちゅうさんへ (mayumi)
2008-07-16 10:44:52
こけら落としシリーズですけど、この劇場 新築ではないんですよね?
赤坂ミュージカル劇場だったところですよね?
昔 娘と『美女と野獣』に行った覚えがあります。

『かもめ』は、中劇場よりも 小劇場向きかな...とも思いまして、
奥行きを使った演出は 素敵だったけど、ちょっともったいない感じも
ありましたね。
アルカージナは、演ってみたいですね。
「赤坂ミュージカル劇場」で (ぴかちゅう)
2008-07-17 00:31:58
私も「美女と野獣」「オペラ座の怪人」を観ました。プレハブみたいな劇場でした。その後、劇団四季が浜松町に四季劇場を建てたので手放して「赤坂ACTシアター」と名前が変わり、そこでもいくつか観劇しました。
それを壊して高層ビルを建てて、その中に新しく作り直したということだと思います。杮落としシリーズということでTBS主導で衆目を集めそうな企画を連続で組んでいるようですね。劇場と作品のマッチとかあんまり考えていない気がします。あ、悪口になってしまいました(^^ゞ
ぴかちゅうさんへ (mayumi)
2008-07-17 08:39:36
そっか...
『天保12年...』とかやってた頃とは 名前は同じでも建物自体は違うんですね。
場所としては 同じ様な気がしますが 錯覚かな...。

今回は、お隣のBizタワーで食事をしてからの観劇だったので
二階からヒョイッと行けて 階段は使いませんでしたが、
昔 行った時も、地下鉄の出口に続く階段を出たら目の前に劇場が
あったと記憶しています。
やっと・・・ (KAORI)
2008-07-25 21:20:54
やっとお邪魔できた~。ものすごくご無沙汰してしまいました。
さて、かもめ。
大昔に四季の舞台を観て以来の「かもめ」でした。
どのくらい大昔かというと、トレープレフが市村正親だったの。
今回と似た装置だったような気がするけど、水でない部分(板の部分)が、かもめが飛んでる姿を形取ってたように記憶してます。
KAORIちゃんへ (mayumi)
2008-07-25 23:00:51
それは大昔だねぇ...。
私、残念な事に 四季時代の市村さん観てないのよね...。
今ならきっと 自由劇場に掛かる演目だろうね。
そういうサイズがいいと思う。

それにしても、『エレファントマン』といい『かもめ 』といい
市村正親と藤原竜也って縁があるネ。
『ライフ・イン・ザ・シアター』で二人が共演した時、市村さんが
目を掛けてるって感じ あった あった。
彼には、先輩に可愛がられる才があるのかも。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
08/07/12 赤坂ACTシアター「かもめ」千穐楽 (ぴか の観劇(芸術鑑賞)日記)
{/m_0166/} 昔々NHKで劇団四季の「かもめ」の最後の最後の場面を見た。「私はかもめ」といううわごとのまじるニーナの長台詞くらいからだ。ニーナは誰か覚えていない。とレープレフは若き日の市村正親。暗い結末の芝居だなぁと避けて通ってきた。 舞台観劇は「桜の園」...